こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
「えいっ」
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「えいっ」

  • 絵本
作: 三木 卓
絵: 高畠 純
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年05月
ISBN: 9784652201046

23×20cm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


「えいっ」刊行記念  レビュー大募集

みどころ

くまの親子が、まちへポップコーンを買いにいきました。
道路の横断歩道のところまでくると、信号は、赤。車がどんどんとおっていきます。
くまのとうさんは、ころあいを見はからって手にしていたステッキをふりあげ、信号をさして「えいっ。」といいます。
すると、どうでしょう! 信号が青にかわったのです。
くまの子は心のなかで感心しました。
(ふうん。うちのとうさん、すごいんだ。「えいっ。」ていえば、しんごう、かわっちゃうんだものな。)

とうさんが「えいっ。」というたびに、こんどは信号が黄色になったり、夕暮れの空に星が出たり。
とうさんの声は魔法の声。ステッキは、魔法のつえみたい……?
子どもはわくわくしてきちゃいますよね。
でもね、くまの子はだんだんわかってきたみたいですよ。
家にかえる電車のなかで、だまってなにか考えていたくまの子は、とうさんに「ぼくのいちばんすきなひとをだすよ。」と宣言します。
「えいっ。」というかけ声と同時に、くまの子がうちの玄関のベルをおすと、中から出てきたのは……?

父と子ども、ふたりでお出かけする、たのしい時間のお話。
作者、三木卓さんのみじかく詩的な文章は、ほのぼのした父子のようすや、会話のやりとりに効果抜群。
思わず頬がゆるみ、にやっとしてしまいます。
「こくご」教科書に掲載された名作が、高畠純さんの絵で描きおろしの絵本になりました。
高畠純さんのイラストレーションによって生まれた、黄色いシャツにオーバーオール、ハンチング帽をかぶったチャーミングな「とうさん」をお見逃しなく。
とうさんそっくりの仕草でポップコーンを口に放り込み、おどろきのまなざしでとうさんを見つめる、くまの子の表情にも注目ですよ。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

「えいっ」

出版社からの紹介

お父さんとよむ絵本

クマの子とお父さんが町へ出かけます。「えいっ」というまほうのかけ声で、信号を青信号に変えてみせるお父さん。
「お父さんってすごい!」とクマの子は尊敬のまなざし。
でも、色々なものに「えいっ」とまほうをかけていくうち、クマの子も何か気づいたようです・・・。

ゆったりしたお散歩タイム、日常から離れたチャーミングな時間をえがく絵本。

● 編集者コメント

三木卓さんが、ご自身のお子さんとのおさんぽ体験を元に書かれたそうです。
さりげない日常を描き、オチも幸福感に満ちて、何度も読み返したくなる知的な話でもあります。
こくご教科書に掲載の名作が、描きおろしの絵で絵本になりました。


ベストレビュー

ジュモンのような「えいっ」

小さい頃、お父さんが世界最強と信じて疑わなかった頃の気持ちを思い出しました。
お父さんと子どもの世界はくっついています。たのしいいたずらやふざけっこは、いつも父と一緒でした。裏山の噴火に備えて買出しに行こうとか、台風のあとのドライブでみつけた大きな水たまりを踏んでみるとか、ガス欠だ!と山頂の公園からエンジンをかけない車で坂道を下りてくるとか、誘拐されたお母さんを助けに行くとか…非日常的なごっこ遊びやいたずらは、必ず父が共犯者でした。いたずらをするとき、父と私と弟は以心伝心でした。信号が青になるのも、おなかがすいたころにおそば屋さんが見つかるのも、洗車のお手伝いをしたときにシートの隙間から100円玉がみつかるのも、サンタクロースが自分の好みを知っているのも、みんなお父さんが世界最強で無敵だからでした。大人になった今、それはみんな種明かしされてしまいました。父と思いきり楽しんでいるとき、母が困ったような顔をしていたわけもわかってしまいました。それでも、できることなら父のような親になりたいと思う自分に気がつきました。
副作用?として「世界最強のお父さん」になりたくなるかもしれません。
いろんなことを思い出したり考えたり…ジュモンのような「えいっ」でした。
(ごまねこさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三木 卓さんのその他の作品

みんななかよしけんかばし / 鹿姫ものがたり / 英日CD付 英語絵本 ふたりはともだち Frog and Toad Are Friends / ぽたぽた / おやゆびひめ 講談社のおはなし絵本箱 / 3つのなぞ

高畠 純さんのその他の作品

うし / 空で出会ったふしぎな人たち / モンスター・ホテルでパトロール / ノボルくんとフラミンゴのつえ / モンスター・ホテルでそっくりさん / アリス館のよみきかせ大型絵本 どうぶつしんちょうそくてい



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

「えいっ」

みんなの声(65人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット