もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
うみのカラオケ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うみのカラオケ

作・絵: スズキ コージ
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1996年
ISBN: 9784906379606

出版社からの紹介

友だちや家族とカラオケでわいわいうたうのもいいけれど、絵本のカラオケをたのしんでみませんか?『うみのカラオケ』では、タイやタコさん、お月さまも加わって盛り上がっています。その曲は……。

ベストレビュー

楽しいカラオケ大会☆

スズキコージさんのナンセンス絵本。

ある日、鯛さんが海辺で「大漁節」をカラオケで歌っていました。
ちょっと、大人が考えるとありえないことだけど、そこがナンセンス絵本。深く考えずに読み進めていくと・・・
次から次へといろんな登場人物が出てきて、楽しいカラオケ大会に。
犬のごらはちは「カミナリゴロちゃん」を、たこのはっつあんは「たこのはっつあんおんど」を。
そして、まてこさんが歌うのは、美空ひばりさんの「港町十三番地」。
最後に歌うひとは・・・

それぞれにあったキャラの歌を歌うところが、大人でも、クスッと楽しめる絵本でした。
とっても、迫力のある絵で、鯛さんなんかとってもイキイキして一番気に入っているキャラです。
私の固い頭では、ナンセンス絵本は苦手ですが、それでも楽しめた一冊でした。
(多夢さん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

スズキ コージさんのその他の作品

でんでんでんしゃ / らくごえほん 月きゅうでん / 3びきのくま / しりたがりやのこねこのポコ / 戦争と平和のものがたり(5) やわらかい手 / なく、おこる 五感のえほん1



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

うみのカラオケ

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.9

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット