貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
オリバ−くん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オリバ−くん

  • 絵本
作: ロバート・クラウス
絵: ホセ・アルエゴ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1975年
ISBN: 9784593500086

課題図書すばこ

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 ふくろうのオリバーくんは、演技するのが大好き。小鳥のまねでも、がちょうのまねでも、コンドルのまねでも、何でもそっくりにできます。ママは「オリバーは、お芝居がとっても上手ね」と、オリバーくんが演劇の道に進むことを望みました。パパは、「でも、弁護士かお医者さんになったほうがいいな」と言いました。

みどころ

 子どもに夢をたくす親の姿がユーモラスに描かれた作品。オリバーくんの演技の才能をのばそうとするママ、社会的安定を保証する弁護士、医師の道を希望するパパ。その間で自由奔放にふるまうオリバーくん。さてオリバーくんは、どんな職業についたでしょう。最終ページをお楽しみに! みんな、自分の好きな道に進むのが一番ですね。
――(ブラウンあすか)

ベストレビュー

ふくろうも人間も一緒だわ。

綺麗な色の鳥達が付いている表紙を見て
上の子が気に入り読みました。

オリバーのお母さんは演技が上手なオリバーに
俳優になるといいなと才能を伸ばす道の手伝いをし
お父さんは医者か弁護士が・・・とその道の手伝いを。

オリバーは大人になり結局なったものは・・・

親子で楽しめました。子供の将来の事はどこの親も
楽しみなんですよね。
ふくろうだって人間だって同じかもね。って
ちょっと笑っちゃいました。
うちの子達は一体何になるんだろうな。と思いながら
楽しく読める本です。
大人のほうが共感できて楽しく読めるかもしれないですね。
(のぽぽんぽんさん 30代・ママ 男の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロバート・クラウスさんのその他の作品

でておいで、ねずみくん / おそざきのレオ / はやおきミルトン

ホセ・アルエゴさんのその他の作品

カメレオンはどこ? / マリールイズ いえでする / ランパンパン インドみんわ / かくれんぼしましょ / おひさまはよるどこへいくの?



人気絵本『にたものランド』のクリスマス版。プレゼントにも♪

オリバ−くん

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.37

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット