こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
いのりの石
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いのりの石

  • 絵本
文: こやま峰子
絵: 塚本 やすし
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年06月23日
ISBN: 9784577042892

小学校低学年から
270×210mm/40ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

その日、わたしの知っている朗らかな町は一瞬にして地獄になりました。
8月6日 午前8時15分のことです。
つきさすような光と爆風。何が起きたか分かりません。
ただもう、そこにはわたしが毎日楽しみに眺めていた町の人びとも風景もありませんでした。

そう語るのは、広島電鉄のしき石です。

この絵本は、広島に原爆が投下される以前の様子から、その後、被爆したしき石が「祈りの石」として、後世に残る重要な役割を果たすことになった経緯をまとめた貴重な作品です。

祈りの石の存在を世界共通の「平和希求のシンボル・メッセージ」として、世界中の国々に平和の重要性を再認識してもらえるよう「ひろしま・祈りの石の会」がはじめた活動です。現在では海外100カ国以上に祈りの石が届けられ、アイスランドでは、1985年から毎年、広島、長崎の原爆で亡くなられた人のため灯篭を流して平和を祈り続けているそうです。

まだまだ知らないこと、伝え続けていきたいことがたくさんあります。

絵本の巻末にはその歴史と、海外の方にも説明できるように英訳された本文も記載されています。いろいろな形で、あの日の事実を知ることがとても大切なのだと思います。

 「平和を考える」一冊に加えたい絵本です。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

いのりの石

出版社からの紹介

広島電鉄の敷石(=わたし)が、原爆体験を経て、「いのりの石」として平和希求のシンボルになるまでを描く、ノンフィクション絵本です。資料と英訳のページ付き。

ベストレビュー

初めて知りました

広島電鉄の敷石が、平和のシンボル「祈りの石」として、世界中に贈られていたなんて初めて知りました。
「祈りの石」に込められた想いはもちろん、それを受け取った国でも、原爆の犠牲者を悼み、灯篭流しをしてくれていることに感動しました。
平和を願う思いは、一緒なんだなって…。

この本は、「祈りの石」に焦点が当てられているので、原爆投下の悲惨さはあまり伝わってこなかったのが少し残念でした。
原爆投下の悲惨さを知ったうえでこのお話を読めば、より一層「祈りの石」の重みが伝わるのではないかと思いました。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


こやま峰子さんのその他の作品

ありがとうのかぜ / たからものがいっぱい! / ねえ ママ / 10代をよりよく生きる読書案内 詩歌編 / 10代をよりよく生きる読書案内 海外編 / アンジェラのおねがい

塚本 やすしさんのその他の作品

もうじゅうはらへりくま / きょう おひさまがでなかったら / 42本のローソク / がんばるぞう / とうめいにんげんのしょくじ / 戦争と平和を見つめる絵本 わたしの「やめて」



『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー

いのりの石

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット