宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
おとうふさんとこんにゃくさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとうふさんとこんにゃくさん

  • 絵本
作: 松谷 みよ子
絵: 西巻 茅子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1991年
ISBN: 9784494001149

2歳〜

出版社からの紹介

むかし、おとうふさんが棚からおちて、全身打撲でご入院。そこで、こんにゃくさんがおみまいに……。

ベストレビュー

こんにゃくさん

こんにゃくが主人公?こんにゃくが主人公の絵本を私は未だかつて読んだ事はありません。こんにゃくと豆腐は色が違うだけで形が一緒なのでお互いに相通じるものがあるのかな。と思いました。”こんにゃく”と“婚約”をかけているところが良かったです。でも、ちょっと高度すぎて3か月の娘には分らなかったかもしれません。松谷さんの言葉のセンスが光る本だと思います。”お見舞いに一人で行くのもなんだから”とはいいですね。今までの私にはなかった発想です。やっぱり、みんなにお見舞いに来てもらえると嬉しいのかな。と思います。蒟蒻も豆腐も手を取り合って泣いた後はこれまでよりもきっと仲良くなれるのではないか。と思いました。
(ぴょーん爺の娘さん 20代・ママ 女の子 3ケ月)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

紙芝居 天人のよめさま / ともだち<復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら<復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん

西巻 茅子さんのその他の作品

子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(3) 古田足日子どもの本 / ケンカオニ / ペンギン ペペコさん だいかつやく / おてて つなごう / 北風ふいてもさむくない



みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

おとうふさんとこんにゃくさん

みんなの声(16人)

絵本の評価(3.88

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット