バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
なんでもふたつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なんでもふたつ

訳: せきふゆみ
再話: リリィ・トイ・ホン リリィ・トイ・ホン
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年08月
ISBN: 9784566008243

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

むかしむかし、とても貧乏なおじいさんとおばあさんがいました。ある日おじいさんが庭でほりおこした、大きなつぼ。それは中に入ったものを二つにふやしてしまう、魔法のつぼだったのです。ふたりは大よろこび。でも…? 中国のゆかいな民話。

ベストレビュー

中国人は、よく張りじゃないのかな

中になんでも入れると、入れたものがふたつになるかめを見つけたおじいさんとおばあさん。

日本だと、隣に住むよくばりじいさんが、かめを借りにきて、よくばったせいで
とんでもないことになるのが定番です。
でも、これは中国のおはなし。
おじいさんもおばあさんも、ふたりになって、二組の夫婦で仲良く暮らします。

急に双子のような、それともクローン人間のようになったいる夫婦を、
周りの人々は驚くでもなく、納得しているところが、中国の懐の深さを感じます。

色合いも、まさに中国を感じられます。
同じアジアでも、こんなに違うのかと子どもたちにも知ってもらいたいです。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子13歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

なんでもふたつ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22




全ページためしよみ
年齢別絵本セット