話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
くじらのだいすけ

くじらのだいすけ

作: 天野祐吉
絵: 梶山 俊夫
出版社: 福音館書店
  • Line

作品情報

発行日: 1967年

出版社のおすすめ年齢:5・6歳〜

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

昔、クジラがまだ山にいたころ、クジラのだいすけは、歩くとみんなの迷惑になるので、何十年もじっとすわっていました。夏祭りになると、山の仲間の動物はだいすけに見えるようにと、その顔の前にやぐらを組みましたが、ちょうどその時、だいすけはくしゃみをして、みんな吹き飛ばしてしまいました。恥じ入ってどこかにいってしまいたくなっただいすけは、カラスに連れられて、海にいきますが……。梶山俊夫が絵を描いた最初の絵本です。「こどものとも」139号

ベストレビュー

陸出身のくじら

昔くじらは、陸に住んでいて
その巨体のせいでマイナス思考で暮らしていました・・。
という設定で始まるお話。

新天地の海で暮らすことになるまでのお話ですが、
なんだか序章みたいな展開で
まだまだ続編がありそうにも思える
希望溢れるラストが素敵です。

梶山敏夫さんの絵も、とても魅力的で
いつまでも眺めていたいような一冊です。
(やこちんさん 50代・ママ 女の子18歳)

関連記事

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

くじらのだいすけ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら