話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

くじらのだいすけ

くじらのだいすけ

作: 天野祐吉
絵: 梶山 俊夫
出版社: 福音館書店
  • Line

作品情報

発行日: 1967年

5才〜6才向き

出版社からの紹介

昔、クジラがまだ山にいたころ、クジラのだいすけは、歩くとみんなの迷惑になるので、何十年もじっとすわっていました。夏祭りになると、山の仲間の動物はだいすけに見えるようにと、その顔の前にやぐらを組みましたが、ちょうどその時、だいすけはくしゃみをして、みんな吹き飛ばしてしまいました。恥じ入ってどこかにいってしまいたくなっただいすけは、カラスに連れられて、海にいきますが……。梶山俊夫が絵を描いた最初の絵本です。「こどものとも」139号

ベストレビュー

じぶんらしく居られる場所

天野さんのおはなしにぴったりの梶山さんの絵です。

大きなくじらは、周りの動物たちに遠慮しながら暮らしていますが、
からすの助言で海へ行き、のびのびと暮らせるようになります。
天野さんらしいおはなしだと思いました。
我慢をする事も大事だけど、自分らしく生きることが大切だと思いました。

周りの動物たちの優しさに泣けてきます。
別れは辛いですが、新しい出会いも予感させます。

読み終わって勇気をもらえる絵本です。
(おるがんさん 40代・ママ )

出版社おすすめ


天野祐吉さんのその他の作品

このよで いちばん はやいのは / ぬくぬく / のぞく / 絵くんとことばくん / ぼくのおじいちゃんのかお / ぼく、だあれ

梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / 千本松原 / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本


絵本ナビホーム > > くじらのだいすけ

カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

くじらのだいすけ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット