しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
バベルの塔
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バベルの塔

  • 絵本
絵: かすや 昌宏
文: 佐久間彪
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「バベルの塔」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年09月01日
ISBN: 9784783403166

4歳から
216×302mm 24ページ

出版社からの紹介

旧約聖書のなかでもよく知られているお話「バベルの塔」を絵本ならではの表現で描いた1冊。
空に届く塔をつくり、神さまのようになろうとした王さま。神さまの怒りによって塔は崩され、それまでひとつだった言葉がさまざまな言葉になり人々はばらばらになってしまう。人間の傲慢さが招いたものとは…。
旧約聖書の時代から、今なお人間がくりかえす過ちと、再生への小さな道すじ。現代にもつながる天からの声を、今を生きるこどもたち、そして大人たちに贈ります。待望の復刊。  <佐久間彪神父の解説付き>

バベルの塔

バベルの塔

ベストレビュー

神をも畏れぬ人間の行為に

キリスト教圏の方の作品かと思いました。

旧約聖書の「バベルの塔」を題材に、子ども向けに作られたようです。

神をも畏れぬ人間の行為に、天は人間界を言葉によって分裂させてしまいました。

家庭の中にキリスト教・ユダヤ教が信仰としてあれば、子どもへの宗教教育になる作品だと思います。

宗教を別に考えても、昔話として子どもに興味を持ってもらえる作品だと思います。

王様や塔を作る作業をする人々の服装からオリエント地方の雰囲気が出ていると思います。

雲の上までそびえたつ塔の全景も迫力がありました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子17歳)

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

かすや 昌宏さんのその他の作品

まほうつかいへのてがみ / はいたつされたふしぎなじゅもん / かみさまの おつくりになった せかい / うきうき わくわく / てんしとくつやさん / ありがとうサンタさん

佐久間彪さんのその他の作品

ちっちゃなもぐら / ちきゅう / きゅうすいとうの くじら / むかし べツレヘムで / きいてよ こいしが はなしてる / くろいひつじの メーリ



『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

バベルの塔

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット