宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
木の葉つかいはどこいった?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

木の葉つかいはどこいった?

  • 絵本
文: ピーナ・イラーチェ
絵: マリア・モヤ
訳: 小川 文
出版社: きじとら出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年08月31日
ISBN: 9784908214035

小学校低学年〜
28.5×22.5cm 25ページ

出版社からの紹介

◆第21回いたばし国際絵本翻訳大賞(イタリア語部門)受賞作品◆

おや、木の葉つかいは どうしたんだろう?
かぜに はためく、ながいマフラーを みなかったかい?

秋になると、木の葉つかいがやってきます。ぼうをふって、葉っぱたちにすてきな飛び方を教えるのです。でも、今年の秋は……。木の葉つかいがこないだなんて、どうやって落ち葉になればよいのでしょう!?
すがすがしいユーモアがあふれる、イタリア発の新感覚絵本です。

ベストレビュー

秋!

秋に木の葉つかいがいないと…?
とっても上手な絵で本当の秋と冬をイメージしながらなので、本当のようなお話のような、なんだか不思議な気持ちのまま読み終わりました。
落ち葉が落ちたら木は死ぬんじゃなく、春にむけて準備をしているんだということがとてもよく分かる、秋にぴったりの絵本でした。

(みっとーさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おえかきずかん
    おえかきずかん
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★大人にも人気!かわいい動物が描ける★ズーラシアなどの動物園を運営する「横浜市緑の協会」監修
  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    雪が降るとだれもがくちずさむあの歌が、はたこうしろうさんのイラストで絵本になりました。



大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

木の葉つかいはどこいった?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット