もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
木の葉つかいはどこいった?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

木の葉つかいはどこいった?

  • 絵本
文: ピーナ・イラーチェ
絵: マリア・モヤ
訳: 小川 文
出版社: きじとら出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年08月31日
ISBN: 9784908214035

小学校低学年〜
28.5×22.5cm 25ページ

出版社からの紹介

◆第21回いたばし国際絵本翻訳大賞(イタリア語部門)受賞作品◆

おや、木の葉つかいは どうしたんだろう?
かぜに はためく、ながいマフラーを みなかったかい?

秋になると、木の葉つかいがやってきます。ぼうをふって、葉っぱたちにすてきな飛び方を教えるのです。でも、今年の秋は……。木の葉つかいがこないだなんて、どうやって落ち葉になればよいのでしょう!?
すがすがしいユーモアがあふれる、イタリア発の新感覚絵本です。

ベストレビュー

秋!

秋に木の葉つかいがいないと…?
とっても上手な絵で本当の秋と冬をイメージしながらなので、本当のようなお話のような、なんだか不思議な気持ちのまま読み終わりました。
落ち葉が落ちたら木は死ぬんじゃなく、春にむけて準備をしているんだということがとてもよく分かる、秋にぴったりの絵本でした。

(みっとーさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




日本出版10周年記念! アリスン・マギーさんインタビュー

木の葉つかいはどこいった?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット