まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
なつのかいじゅう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なつのかいじゅう

  • 絵本
作・絵: いしい つとむ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「なつのかいじゅう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784591092798

出版社からの紹介

夏の夜、部屋の灯りに虫が集まってきた。窓に顔をつけて見ると虫たちは怪獣みたい!兄弟の心の動きと虫の姿をいきいき描く絵本。

ベストレビュー

迫力ある虫!子どもの表情もイイ!

夏の子供部屋での出来事です。
明りを暗い窓の外に向けると虫が集まってきます。
  ここで「集まるのは蛾だよ〜気持ちわる〜」と息子は言いました。
集まった虫を目当てにカマキリがやってきます。
見開きいっぱいにカマキリが大きく描かれています。
主人公の男の子は「うわぁ、かいじゅうだ!」というのですが
ページをめくるとはカマキリの捕食シーンのアップ!!
主人公の男の子は「すっげぇー」と言いますが、
  ここで息子も「スッゲェー」と、主人公の気持ちと同じになっていました。
さらに、やもりが登場して、カマギラン対ヤモザウルスという
怪獣バトルのようになっていきます。

兄のことを怒っていた弟の機嫌が直っていく様子や、
窓に残った マジックの後など、親の私が印象に残る場面も
多々ありました。
夏に読むと真似してみたくなるかも。
冬に読んでしまいましたが生き物たちの迫力も
生き生きした子どもの様子もとても楽しめました。
(さふぁいあ。さん 30代・ママ 女の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いしい つとむさんのその他の作品

ふねのとしょかん / ばあばは、だいじょうぶ / うれしいやくそく / ふたごのどんぐり / はなねこちゃん / 紙芝居 ぼくくもくもをひろったよ



こんにちは!世界の児童文学&絵本

なつのかいじゅう

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット