新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
なつのかいじゅう

なつのかいじゅう

  • 絵本
作・絵: いしい つとむ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784591092798

出版社からの紹介

夏の夜、部屋の灯りに虫が集まってきた。窓に顔をつけて見ると虫たちは怪獣みたい!兄弟の心の動きと虫の姿をいきいき描く絵本。

ベストレビュー

迫力ある虫!子どもの表情もイイ!

夏の子供部屋での出来事です。
明りを暗い窓の外に向けると虫が集まってきます。
  ここで「集まるのは蛾だよ〜気持ちわる〜」と息子は言いました。
集まった虫を目当てにカマキリがやってきます。
見開きいっぱいにカマキリが大きく描かれています。
主人公の男の子は「うわぁ、かいじゅうだ!」というのですが
ページをめくるとはカマキリの捕食シーンのアップ!!
主人公の男の子は「すっげぇー」と言いますが、
  ここで息子も「スッゲェー」と、主人公の気持ちと同じになっていました。
さらに、やもりが登場して、カマギラン対ヤモザウルスという
怪獣バトルのようになっていきます。

兄のことを怒っていた弟の機嫌が直っていく様子や、
窓に残った マジックの後など、親の私が印象に残る場面も
多々ありました。
夏に読むと真似してみたくなるかも。
冬に読んでしまいましたが生き物たちの迫力も
生き生きした子どもの様子もとても楽しめました。
(さふぁいあ。さん 30代・ママ 女の子7歳、男の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,870円
1,870円
1,870円
1,870円
1,870円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,730円
1,430円
385円
1,980円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

なつのかいじゅう

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら