新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
おねえちゃんは天使

おねえちゃんは天使

  • 絵本
作: ウルフ・スタルク
絵: アンナ・ヘグルンド
訳: 菱木 晃子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

「おねえちゃんは天使」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784593503773

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

「ぼく」がほしかった金髪のかつらは

ウルフ・スタルクの絵本は、
「死」をテーマにしているものが多いですが、
読んでいくと主人公たちが結構前向きで、
読み終えたとき、なんだか重たいものを脱いだ時のような爽快感があります。

個人的には「おじいちゃんの口笛」「パパがうちゅうをみせてくれた」「おにいちゃんといっしょ」が好きです。
でも、今回この「おねえちゃんは天使」を読んで、これもいい!と、惚れちゃいました。

最初、なんで「ぼく」が金髪のかつらを欲しがったのか、すぐ気がつきませんでしたが、ぼくの想いは常に「おねえちゃん」にあったんですね。
想像していた「おねんちゃん」の姿になることで、ぼくはお姉ちゃんに「世界」を見せてあげようとする。
「ぼく」って、どちらかというと、どこにでもいるちょっとやんちゃな男の子なんです。
だから、周りのみんなには「ぼく」の真意が見えない。読み手のこちらにはちゃんと伝わるのに、近くにいるお母さんとか友達には伝わらない。それが少しかわいそうでした。
でも、「ぼく」のおかげで「おねえちゃん」はこの世に未練なく転生できるんでしょうね。
アンナ・へグルんどのイラストも、ウルフ・スタングのお話のイメージに合っていて、素敵でした。

読んであげるなら、小学校の中学年くらいからがいいかな。
また、こういう言い方をしては、
当事者の方につらいかもしれませんが、
兄弟姉妹を亡くされた・身近な友達を亡くされた子どもたちにも読んであげたら、傷ついた心が癒されそうな気がします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
472円
1,980円
2,750円
1,925円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

330円
440円
385円
1,100円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

おねえちゃんは天使

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら