雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
貝の子プチキュー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

貝の子プチキュー

  • 絵本
作: 茨木のり子
絵: 山内 ふじ江
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784834021431

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

プチキューは小さな小さな貝の子どもでした。いつもひとりぼっち、さみしくなるとエンエンエンと泣きます。ある日、一度も行ったことのないところへ歩いてみようと、したべろみたいな足をふみだしました……。

ベストレビュー

命を継ぐということ

全ページ、幻想的で美しい海中が繰り広げられています。眺めているだけで癒されます。
話の方は、さすが詩人だけあって言葉まわしなど声に出して読み易かった。
海の子・浜辺の子という枠にとらわれず、貝として出来る限りのことをし、時には辛苦を舐め、時には達成感を味わい……プチキューの生涯を通して、私たちも頑張ればこんなことがあるよという意味かな。
そっと本棚に忍ばせておいて、外で疲れた時なんかにゆっくり読み返してみる。そんな大人の絵本ですね。

ところが!読後長いこと経ってじわじわきました!
親子共にとても心に残り、食事用に購入する二枚貝はすべて”プチキュー”と呼ばれるまでに。
この本を通し、プチキューは娘の所にやってきた。命をかけて。それを美味しく食べることが娘の仕事だ、カニのように泣きながらでも。そうすることによってプチキューはあなたの中で(栄養として)生き続けるのだ。それが命を受け継ぐということだ。そんな食育話を交わしました。

本の主旨とは違うけど、そう桁違いに大きくも違わないと思っています。娘がおかわりして言うには、「(美味しく食べたから)プチキュー、ちゃんと栄養になった?」
すごい。絵本の底力を見ました。
(てぃんくてぃんくさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


茨木のり子さんのその他の作品

茨木のり子詩集 わたしが一番きれいだったとき / 女がひとり頬杖をついて / 智恵子と生きた 高村光太郎の生涯 / 君死にたもうことなかれ / 倚りかからず / 茨木のり子詩集 見えない配達夫

山内 ふじ江さんのその他の作品

鳥よめ / 答えは子どもの中、お母さんの中に / こひつじまある / ねてるの だあれ / クリスマスのちいさなおくりもの / それはもりのこもりうた



入園・入学・進級のお祝いに、ギフトしかけ絵本

貝の子プチキュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.39

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット