話題
たべもののまちABCity

たべもののまちABCity(小学館集英社プロダクション)

A〜Zのたべものでできた世界で一番おいしそうな街。おいしくてかわいい、ふしぎな街を一緒に探検しよう!

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
じごくへいった三人

じごくへいった三人

  • 絵本
作: 谷 真介
絵: 赤坂 三好
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,175

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1991年
ISBN: 9784333015252

出版社からの紹介

夏祭りで綱渡りを失敗した軽技師は、医者と山伏を巻き添えに地獄に落ちてしまいます。三人が地獄で見たものは…。お盆に祖霊を迎えて供養する由来話。

ベストレビュー

『じごくのそうべえ』の原型

タイトルと絵を見て「?」と思ったのですが、お盆に由来するお話と知って得心しました。
『じごくのそうべえ』はお盆のお話だったのですね。
メンバー構成についても、「そうべえ」シリーズが3人だったり、4人だったりする由来が、『じごくへいった三人』のアレンジであることもわかりました。

『…そうべえ』がエンターテイメントであるのに対して、『…三人』は破天荒でありながら、由来話としての落ち着きを見せています。
とはいえ、地獄の話であり、軽業師が主人公ですから描き方は迫力満点。(ひょっとしたら、田島征彦さんの上を行っているかも知れません)
おもしろおかしくではなく、迫力を感じる作品かも知れません。

比較すると多少堅さはあるかも知れませんが、語りが標準語なので話しやすい。
読んで得した感が残りました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,980円
1,210円
1,100円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,300円
1,980円
2,970円
275円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

じごくへいった三人

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら