もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
さけが よんひき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さけが よんひき

  • 絵本
作: 最上 一平
絵: 喜湯本 のづみ
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年09月10日
ISBN: 9784790252962

三歳児から
207×279mm/24ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

“里山の秋”が絵からあふれるような本です。

お話のはじまりは夏。
ひとりぐらしのおばあさんが、川のそばの畑で野菜をつくっています。
あるときから、野菜が食べごろになると、だれかがとっていくようになりました。
トマトもきゅうりも、「だれかがてつだってたべてくれれば、ありがたいくらいのもの」とおばあさんは怒りもしません。
それにしても、とっていくのはたぬきだろうか、いたちだろうか。
気になって仕方がないおばあさんは、こっそり見守ることにしました。
すると……!?

川からあがってぼたぼたしずくを落としながら、野菜をもいでいくのはカッパでした!
腰をぬかすほどおどろいたおばあさん。
でもそれからは、カッパが野菜をもいでいくのが楽しみでたまりません。
もっともっていけ、トウモロコシもそろそろ食べられるぞ、と心のなかで応援します。
木のかげから見守りながら……。

ダイナミックに色彩あざやかに描かれた草木や昆虫と、おおらかなおばあさん。
そして愛嬌たっぷりのカッパの表情が見どころです。
おばあさんとカッパは一度も言葉を交わしませんが、心は通じ合っていたのだとわかります。
『さけがよんひき』というタイトルの意味は、最後まで読み終えたときにわかりますよ。

なんとものどかで、ほっと一息つきたくなるお話。
おばあさんのセリフを声に出して読むのも楽しいです。
のびやかに季節の色がうつっていく空気を、絵本から胸いっぱいすいこんでくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

一人暮らしのおばあさんが、川の近くの畑で野菜を作っています。夏になって野菜がちょうど食べごろになると、誰かが野菜を持っていってしまいます。おばあさんが不思議がっていると、畑にあらわれたのはカッパでした。おばあさんは起こりもせず、河童をやさしく見守ることにしました。

ベストレビュー

この絵本の作者の方が、

私と同じ山形県民と知り、私はこのお話をますます好きになりました。「まだおらもだれかのやくにたっている」この言葉がとても印象的でした。誰の役にも立たなくなった時が私の死に時だな、そんな事を思いながら私はこの本を閉じました。非常にいい絵本です。
(梅木水晶さん 30代・ママ 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


最上 一平さんのその他の作品

飛ぶ教室 / こころのともってどんなとも / 三月十日の朝 / おかめ ひょっとこ / ユッキーとともに / 黄金の夏休み

喜湯本 のづみさんのその他の作品

ともだちなんかいらない / ことばであそぼう五七五



「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

さけが よんひき

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット