大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
かえるくんとたびのねずみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かえるくんとたびのねずみ

  • 絵本
作・絵: マックス・ベルジュイス
訳: 清水 奈緒子
出版社: らんか社 らんか社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784915632969

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

 森のはずれに、旅のねずみがテントを張りました。だれも近づかないよそものに、かえるくんだけは興味しんしん。やがてすばらしい友情が生れます。

ベストレビュー

先入観を捨てよう

かえるくんシリーズの一冊です。
ある日森のはずれにテントを張って住みついた旅のねずみくん。
かえるくんは興味津々で、なんでもできるねずみくんに憧れの念さえ抱きますが、他のお友だちは余所者のねずみなんて悪いやつに決まっていると、ねずみくんのことを否定し続けます。
結局他の動物たちは、なんでも出来るねずみくんに窮状を救われて初めてねずみくんのことを認めます。
そして最後には友情が生まれます。

このお話は社会の縮図になっていて、むしろ子どもより大人の方がいろいろと考えさせられるものがあるかもしれません。
余所者とか他の違うということに対して、自分では気づかないうちに排除していることは、私たちの身近なところでよく見られることです。
相手の中身を知ろうともせずに、一方的に排除するのはとても恐ろしいことです。
ねずみくんはとても強く、他人にどう思われるかなんて気にしないし、自分をしっかり持っているので、動物たちの冷たい視線もうまく受け流すことができます。
けれど、ねずみくんのように強い人は少なく、排除されることに傷つく人がほとんどです。
私たちは時々自分の行動を振り返って、先入観で間違った判断をしていないか考えなければいけません。
よく知りもしないで、子どもの友だちを親が勝手に選ぶとかそんなことしないように気をつけたいものです。

いろいろ考えさせられる本でしたが、ねずみくんを排除するシーンが長くて、お話としては十分楽しめるところまでいかなかったのが残念です。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子8歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マックス・ベルジュイスさんのその他の作品

たいせつなてがみ / かえるくんはかえるくん 改訂版 / 男の子とおおきなさかな / かえるくんどうしたの 改訂版 / かえるくんは かなしい / かえるくんのたからさがし

清水 奈緒子さんのその他の作品

ぼくはことり / ササフラス・スプリングスの七不思議 / はたけしごとにとりかかろう / ポプラポケット文庫 クリスマス・キャロル / こちらゆかいな窓ふき会社 / 世界の名作文庫 クリスマス・キャロル



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

かえるくんとたびのねずみ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット