宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
リボンちゃんのリボン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リボンちゃんのリボン

  • 絵本
作・絵: 市川 里美
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リボンちゃんのリボン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784198609849

5歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

イザベラはリボンが大好き。いつもリボンをしているので、リボンちゃんとよばれています。ある日イザベラが、リボンをたくさん持って大きな木に登り、ひとりぼっちでかくれんぼをはじめると、そこには青々とした海が広がり…。南の島が舞台の色鮮やかなファンタジー。

ベストレビュー

南国の素敵なファンタジー

作者の市川里美さんは1971年からパリ在住だそうで
その影響なのでしょうか、風景や人物などに外国の空気を感じます。
パリに住み始めてから、フランスの絵本に魅了されて
独学で絵を描き始めたそうなのですが、独学とは思えない美しい絵です。

不思議な国に迷い込んでしまったような素敵なファンタジーで
大人も子供も楽しんで読ませてもらいました。
市川里美さんはフランス・イギリス・アメリカの出版社から絵本を出されているそうで
1997年には絵本に貢献したことを認められて
パリ市長賞を受賞されていらっしゃるそうです。
(YUKKOさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    待ちに待った花火大会に、町じゅうがワクワクする様子が面白い! 一緒に花火を楽しみませんか?

市川 里美さんのその他の作品

ぼくの島にようこそ! / マンモスのみずあび / なつめやしのおむこさん / ペンギンのパンゴー / 森からのよびごえ / ママ、なんで?びょうきのママにききたいの



ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

リボンちゃんのリボン

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット