すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
わたしの手はおだやかです
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしの手はおだやかです

作: アマンダ・ハーン
絵: マリナ・サゴナ
訳: 谷川 俊太郎
出版社: エムオン・エンタテインメント

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わたしの手はおだやかです」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年08月
ISBN: 9784789725996

出版社からの紹介

手は使い方ひとつで良くもなれば悪くもなるのだということを、
この絵本は教えてくれます――谷川俊太郎
ふだん私たちはあまり意識せずに手を使っています。
でも気がついてみると、手にかかわる言葉はいっぱいあります。「手当て」「手伝い」「手に入れる」「手を抜く」「手を焼く」などなど、あげ始めるときりがありません。
からだの一部である手は、人間のさまざまな行為のたとえにもなっていて、手は使い方ひとつで良くもなれば悪くもなるのだということを、この絵本は教えてくれます。
手があるということは、それだけでありがたいことです。手は事故や戦争や障害で手が使えない人たちの「手助け」もできるのです。――谷川俊太郎 この本に寄せて

ベストレビュー

手にまつわるお話

普段何気なく使っている手のお話。
「手伝い」、「手に入れる」、「手を焼く」など手に関係する言葉がたくさん。体の一部である手は人間のいろんな行為のたとえにもなっている。
だから訳者の谷口さんもいっているように手は使い方ひとつで良くもなれば悪くもなるのだということを教えてくれます。

普段何気なく使っている「手」で色々なことを防ぐこともできる。でも同じ手でぬすむこと、傷つけることもできるなど、手について色々考えさせられます。

ちなみに絵はどちらかというとカラフルで結構主張しています。なので子供はその色に驚いていました。
(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷川 俊太郎さんのその他の作品

えじえじえじじえ / 生きる / よるのこどものあかるいゆめ / でんでんでんしゃ / フレデリック(ビッグブック) / いそっぷ詩



「いのち」の意味を考えさせてくれる絵本

わたしの手はおだやかです

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット