雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
またもりへ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

またもりへ

  • 絵本
作・絵: マリー・ホール・エッツ
訳: まさき るりこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1969年03月
ISBN: 9784834006599

読んであげるなら・2才から
自分で読むなら・小学低学年から
関連
もりのなか

この作品が含まれるテーマ

おはなし

わいわいがやがや騒がしいので、ぼくは森へ見に行きました。
すると動物達がぼくを待っていて、みんなが自分の得意なことをやって誰が一番いいか腕比べをしようと会議を開いていたというのです。
みんな地面にすわり、ひとりずつ、自分の得意なことをします。
キリンは首を大きくのばしてみせ、ライオンはものすごい声で吠える・・・
動物達が次々に得意なことを披露します。
ぼくは子どもの象の真似をして、さかだちをしてはなでピーナッツをつまもうとしましたが、おかしくなって笑ってしまいました。
するとみんなは、森の動物達は誰も笑えないから、これがいちばんいいと言いました。
その後みんなでおそくなるまで行進をして・・・どこからかお父さんの呼ぶ声がして・・・動物達はいなくなってしまいました。
ぼくは森の動物達の話をし、おとうさんと手をつないでうちへ帰りました。

みどころ

「もりのなか」の続編です。
「もりのなか」と同じように、ぼくはぼうしをかぶり、ラッパを持って森へ行き、動物達と遊びます。
「もりのなか」の謎めいた印象はこの作品には少なく、大人にも受け入れやすいのではないでしょうか。
やはりお父さんの声で動物達はいなくなり、お父さんは息子の話すファンタジーを自然に受け止め、手をつないでうちに帰ります。
「おとうさんだって、ほかになにもできなくてもいいから、おまえのようにわらってみたいよ」というお父さんの言葉が心に残ります。
読んだ後にしっかりと心に残る作品です。

出版社からの紹介

ぼくが森へいくと、動物たちがあつまって、自分の得意なことをして腕くらべをしようとしていました。そこで、ぼくも仲間に加わって……。楽しいファンタジーの世界が広がります。

ベストレビュー

不思議などうぶつたちとのふれあいです

「もりのなか」の続編の絵本です。もりのなかから「わいわい がやがや」と騒がしい音が聞こえてきたので、どうしたんだろうって見に行った「ぼく」。すると、もりのなかでは動物たちが、ぼくを待っていたんです。ぞうやキリン、ライオンやくまや他の動物たちと、みんなで「得意なことくらべ」をすることになって・・・。白と黒だけで描かれる不思議な空間ですが、子供には感じるものがあるようです。これを読まれる前に「もりのなか」を先に読まれることをお奨めします。
(かあぴいさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

マリー・ホール・エッツさんのその他の作品

ねずみにぴったりの のりもの / ロベルトのてがみ / ペニーさんのサーカス / いどにおちたぞうさん 改訂版 / ねずみのウーくん いぬとねことねずみとくつやさんのおはなし / おやすみ、かけす

まさき るりこさんのその他の作品

新装版/あひるのピンのぼうけん / スティーヴィーのこいぬ / ベンジーのもうふ / ある子どもの詩の庭で / トプシーとアンガス / ベスとアンガス



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

またもりへ

みんなの声(63人)

絵本の評価(4.61

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 2人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット