すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
くまのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くまのクリスマス

  • 絵本
作: 高橋 和枝
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年11月04日
ISBN: 9784097266112

3歳〜10歳
AB判・32P

みどころ

「ねえ。
ことしは うちでも
クリスマスを してみない?」

おとうさんぐまの提案で、初めて「クリスマス」をすることになったくまの家族。
どうして「初めて」かって?
それは、いつもクリスマスが来る前に「冬眠」してしまうから!
今年は冬眠の予定を先延ばしにして、念願の初めてのクリスマスです。

プレゼント用の靴下を編んだり、ツリーに飾り付けをしたり、サンタさんにお手紙を書いたり、くま特製のクリスマスケーキを作ったり、家族でせっせとクリスマスを迎える準備をするくま親子。
でもその最中も、ねむくてねむくてたまらない様子が愛らしく、思わず「がんばれー!」と応援したくなります。
ほんわかと温かみのある絵も、クリスマスの幸せな雰囲気にぴったり。

「冬眠を先延ばしにしているから眠い」というのがこの絵本の重要なポイントになっているので、お子さんにこの絵本を読む前に、「くまさんって、いつもは冬になったら寒くてずっと寝ているんだって」といったように、くまの冬眠について、少し話しておくといいかもしれません。
(ちなみに、以前は「くまは冬眠ではなく冬ごもりするもの」と考えられていましたが、最近の研究ではくまも冬眠するということがわかっているようです)

(洪愛舜  編集者・ライター)

くまのクリスマス

出版社からの紹介

くま一家のはじめてのクリスマス

くま一家は冬眠を先にのばしてはじめてのクリスマスに挑戦。眠いのをがまんして準備をして、無事クリスマスイブを迎えることができました。明日はいよいよサンタさんからのクリスマスプレゼントが届きます・・・。

くま一家は冬眠をするのでクリスマスをしたことがありません。でもお父さんぐまは、クリスマスのイルミネーションできらきら輝く街の様子がうらやましくてしかたありません。とうとう冬眠を先にのばして、クリスマスというものをしてみることにしました。
眠気をがまんしながら、サンタさんに手紙を書き、プレゼントを入れてもらう靴下を編み、ツリーを飾り付け…準備は着々と進みます。
あこがれのイルミネーションも、電器屋さんから買ってきました。ツリーもきらきら、おうちもぴかぴか、さあすてきなクリスマスの始まりです。
でもケーキを食べると、またしても眠くなってきました。くまたちは明日の朝、サンタさんからのプレゼントを開けるためにも、もう今夜は休むことにしましたが……。
くまたちがクリスマスに向けて一生懸命準備するさまが愛おしい、クリスマスシーズンにぴったりの一冊です。

ベストレビュー

くまさん一家のクリスマス

くまさん一家は冬眠するのでクリスマスを経験したことがないので一度、みんなと同じようにクリスマスをお祝いしたいと頑張る絵本です。

もみの木を飾って、手紙を書いて、靴下編んで、ケーキを作って・・見よう見まねでクリスマスを調べているそんなけなげな姿がとってもかわいいです。

クリスマスのキラキラをまさか電気屋さんから延長コードを伸ばしながらなんていうのが現代的ですが、それでも家に灯りが灯るシーンはほっこりしました。

いよいよクリスマスの晩、サンタさんが来るからと眠りにつきますが・・心配です。
でも、やっぱり眠くなってくるんですよね。
最後の結末がとっても気になりました。

起きた時には桜が窓から見えているなんて!

この結末も何となく初めから想像は出来ていたけれど、こんなクリスマスがあってもいいですね。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

高橋 和枝さんのその他の作品

そのままのキミがすき / あなたなんてだいきらい / 銀のくじゃく / 美雨13歳のしあわせレシピ / 月夜とめがね / だるまさんかぞくうみへいく



おそろしくも愉快な『カレー地獄旅行」!「ひげラク商店」安楽雅志さんインタビュー

くまのクリスマス

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット