庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる

  • 児童書
作: プロイスラー
訳: 中村 浩三
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1970年12月
ISBN: 9784036082605

小学中級から
ドイツ児童文学賞推薦
国際アンデルセン賞作家賞次席


関連:文庫版あり

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

消防ポンプおき場に留置されていた、大どろぼうホッツェンプロッツが脱走しました。巡査部長やシュロッターベック夫人などの助けをかりて、カスパールとゼッペルは再び大どろぼうと対決。

ベストレビュー

大・大・大好き!ふたたび

この夏、長男が『大どろぼうホッツェンプロッツ』を読んだので、娘と私は懐かしくなり、この本を読み返しました。
☆20くらいの前作と比べると、私のお気に入りキャラクター、大魔法使いツワッケルマンが登場しないので、☆15くらいにはなってしまいますが、もちろん、変わらぬ面白さです。
今回はニューキャラクター(犬)が登場しますが、それが度肝を抜く斬新さでお話におおいに花を添えています。
本当に作者プロイスラーさんは、どうしてこんなすごい登場人物を思いつくのでしょう。
今回もカスパールとゼッペルのコンビは大活躍しますが、おまわりさんもなかなか活躍の場を広げていて、おなじみの登場人物に再び出合う楽しさも十分に味わえます。
小学校中学年くらいのお子さんと一緒に、前作と合わせて読んでみてほしい本です。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


プロイスラーさんのその他の作品

大どろぼうホッツェンプロッツ 3巻セット / 偕成社文庫 小人ヘルベのぼうけん / おまつり おまつり! / 偕成社文庫 大どろぼうホッツェンプロッツ / クラバート / 大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる

中村 浩三さんのその他の作品

偕成社文庫 クラバート 下 / 偕成社文庫 クラバート 上 / 偕成社文庫 大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる / 偕成社文庫 大どろぼうホッツェンプロッツ三たびあらわる / なぜ戦争をするのか?六にんの男たち / 世界のどうわ傑作選(3) かみ舟のふしぎな旅



すべてのおとなとこどもに贈ります

大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット