うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
自分で好きな香りがつくれちゃう「香りのワークブック」。お手紙に、そっと香りを添えてみませんか?
14ひきのせんたく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

14ひきのせんたく

  • 絵本
作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年05月
ISBN: 9784494006953

対象年齢 3歳から
B5判/26.6×19cm 32頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


いわむらかずおさんにインタビューしました!

おはなし

 夏の朝、降り続いた雨がやみ、森じゅうに太陽の光が差し込みました。今日は暑くなりそうです。そこで、「シャツもパンツもシーツもパジャマも、みんなまとめて洗濯しましょ」とお母さん。かごに汚れた衣類を入れて、みんなで谷川を目指します。
 川に着くと、水のせせらぎ、涼風に誘われて、子供たちは即お洗濯開始。ジャブジャブ、グシュグシュ気持ちいい……。あっ、洗濯板に乗ったかえるくんが流れていってしまいます……。

みどころ

 森の緑のにおい、あぶらぜみの声、川のせせらぎ、涼風――。夏の森の空気をそのまま伝える、清涼感がいっぱいの一冊です。川で気持ちよさそうに洗濯する子供たちの光景は、水に触れる心地よさを想起させてくれます。かえるくんが流されてしまうエピソードには、ちょっぴりハラハラドキドキ。後半は、仕事を終えた充実感がいっぱいです。
 昔はみな、こうやって手で衣類を洗ったこと、今でも機械を使わない国や地域では手を使っていることなど、子供たちに教えてあげるいいきっかけになりそうです。きっと、子供たちはハンカチや小さな衣類などで、進んでお洗濯することでしょう。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

晴れわたったさわやかな朝、14ひきは川原でせんたくです。大きなシーツも、みんなでごしごし……。

ベストレビュー

のどかでいいですねー

2歳8ヶ月の息子に読んでやりました。14匹シリーズはこれが二冊目。まだ、絵を見ただけでだれがだれとは覚えていませんが、それは覚えなくても、不思議と息子と会話が成り立ちます。

今回は、久しぶりに晴れたので家中のものを洗濯しよう!と大家族で川でお洗濯。洗うものを集めてくる様子から、それを持っていって川で洗う様子。とてもリアルで、でもその様子がとても伝わってきます。時々クイズ形式のように「○○はだあれ?」という説明に息子は喜んでそのこを探します。こういうなぞなぞみたいなのも楽しいみたい。

そして、絵がとても細かく書かれているので、虫などもリアルで、息子はまた新しく言葉を覚えました。ただ読んでやるだけではなく、絵が色々なことを語ってくれ、伝えようとしてくれているので、言葉を覚えている最中の息子にはとてもいい本です。

言葉を覚えている最中のお子さんにはとてもいい読み聞かせの本だと思いますよ。
(minatsuさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いわむら かずおさんのその他の作品

はこぶ / りんごがひとつ / とっくんトラックもりへぶぶー / 14ひきのポケットえほん かぼちゃセット(3冊セット) / ポケットえほん 14ひきのあきまつり / ポケットえほん 14ひきのせんたく



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

14ひきのせんたく

みんなの声(102人)

絵本の評価(4.81

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット