雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ボタンちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボタンちゃん

  • 絵本
作: 小川洋子
絵: 岡田 千晶
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年11月11日
ISBN: 9784569785011

4〜5歳から
B5変型判/上製/32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ボタンちゃんは、まるいお顔の女の子。
アンナちゃんのブラウスの、いちばん上にとまっています。
ある日、ボタンちゃんをブラウスにとめていた糸が、切れてしまいました!
ころころと部屋の中を転がっていくボタンちゃん。

おもちゃ箱の後ろ、洋服ダンスの裏、ベッドの下。
ボタンちゃんが転がった先で待っていた出会い。
それは、かつてアンナちゃんと仲良しだったけれど、今では忘れられたものたちとの出会いでした。

うすぐらい場所でそれぞれにひとりきり、さみしくて泣いている彼らに、そっと寄り添うボタンちゃん。
みんな、アンナちゃんと過ごした日々を、なつかしんでいるのです。
でも、成長した今のアンナちゃんを知っているボタンちゃんは、彼らにやさしく語りかけます。

「今のアンナちゃんがあるのは、あなたのおかげなのね」

『博士の愛した数式』の作者、小川洋子さんが描く、思い出の中で生きるものたちの物語。
その多くは忘れられていくけれど、いろいろなものに育まれながら、子どもは大きくなっていく。
やっぱりさみしいけれど、それはすごく前向きで、あたたかなこと。
「あなたのおかげ」と語るボタンちゃんの言葉が、やさしく、切なく、心にしみてきます。

全体的に色合いが淡く、光とそれの落とす影が特徴的に描かれているので、一見するとさみしげな印象の作品ですが――。

アンナちゃんが飲むメロンソーダのグリーン。
アンナちゃんの夢に出てくる遊園地の明かり。
ボタンちゃんのほっぺたのピンク。

全体の色調が穏やかだからこそ、ときおりふっと現れるあざやかな色が、ことさらに美しく映えて目を引きます。

やがてボタンちゃんのとまっているブラウスも、アンナちゃんには小さくなってしまいました。
でも、ボタンちゃんも、思い出の中のみんなも、さみしくはないのでした。
もう彼らには、にぎやかな居場所ができたからです――。

(堀井拓馬  小説家)

ボタンちゃん

出版社からの紹介

ボタンちゃんは、丸いお顔の女の子です。ボタンちゃんはアンナちゃんのブラウスの一番上にとまっています。ボタンちゃんの仲良しは、なんといってもボタンホールちゃんでしょう。ふたりはいつも一緒です。ところがある日、大変なことがおこりました。ボタンちゃんをとめていた糸が切れてしまい、ボタンちゃんは転がりおちてしまいました。

ボタンちゃんは、子どもべやのゆかをすすんでいきます。やがてたどりついたのは、おもちゃ箱のうらがわです。するとどこからか小さな泣き声がきこえてきました。泣いていたのはガラガラです。「アンナちゃんはもう、ぼくのことなどわすれてしまったのでしょうか」というので、ボタンちゃんはガラガラをなぐさめてあげました。ふたたびボタンちゃんがころがっていくと、今度はよだれかけにあいました。

『博士の愛した数式』などで人気の小川洋子初の絵本。ボタンちゃんと忘れられた「思い出たち」との心温まる物語。

ベストレビュー

どこにいったの

かわいらしくあたたかい”ぼたんちゃん”の絵本です。
小さなこどもに読むには、文字が多いなぁと感じましたが、
だからこそ、読んでいるうちに内容にじんわりしました。
「今のアンナちゃんがあるのは、あなたのおかげなのね」って。
人はいろんな経験を経て成長していきますね。
私は今、大事なネックレスをなくしてしまい、探しています。
(ciciさん 20代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

小川洋子さんのその他の作品

アンネ・フランクをたずねて / 刺繍する少女

岡田 千晶さんのその他の作品

しゃっくりくーちゃん / きらきらシャワー / おかあしゃん。はぁい。 / あかり / きみはぼくだね / ぬいぐるみおとまりかい



『まるさんかくぞう』『いっこさんこ』 <br>及川賢治さん(100%ORANGE)

ボタンちゃん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット