ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ゆきのんのん ねこざかな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきのんのん ねこざかな

  • 絵本
作・絵: わたなべ ゆういち
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年11月19日
ISBN: 9784577043370

3才から
23×24cm 24ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

南の島に住む、ねことさかな。
お互いが大好きで、ときどき、ねこがさかなの中に入って、
「ねこざかな」となる、人気シリーズの17作目は、
南の島に大きな氷山が流れてきます。
氷山にいたのは、クリオネやしろくまなど、
北極に住む生き物たち。
ねこざかなは彼らと一緒に、氷のトンネルを潜り抜けて、
楽しく遊んでいました。

しかし、次第に氷が解けていることに気づいた、しろくまたち。
「こおりが とけたら ほっきょくへ かえれなくなっちゃう」と
あわてて空を見上げながら、
♪おーい おーい ゆきぐもさん
ゆきを のんのん ふらせてよ
もっさか もっさか ふらせてよ♪ と歌を歌うと・・・・・・。

シリーズ全作に、アッと驚くしかけがあるのが、
「ねこざかな」の最大の特徴。
今回は特にダイナミックで美しいポップアップが登場します。

しかけのページをめくった瞬間、
子どもたちの歓声が聞こえてきそうな、雪の季節に読みたい1冊です。

(木村春子  絵本ナビライター)

ゆきのんのん ねこざかな

出版社からの紹介

南の島に流れ着いた大きな氷山。氷山とともにやってきた友だちと遊ぶねこざかなですが、だんだんと氷が溶けだしてきてさあ大変! クライマックスは雪の結晶が舞うポップアップ付き!

ベストレビュー

ひょうざんが

3歳と5歳の子に読みました。
ねこざかなのところにひょうざんが流れてきて、しろくま、クリオネたちと友達に。
しかけページにはやっぱり子供は反応しますね。「雪だー」と嬉しそうでした。
「どうして『のんのん』なの?」という疑問も子供から。…さあ?
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


わたなべ ゆういちさんのその他の作品

ねことさかなとなみぼうず / こぶたたちの あついよる / ねこざかなの たんじょうび / ねこざかなとイッカクくん / おばけぼうやのかいすいよく / ねことさかなでねこざかな



絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

ゆきのんのん ねこざかな

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット