ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
やっぱりみんな欲しい!『バムとケロ ぬいぐるみ全部セット』を、ギフトラッピングでお届けします♪
14ひきのかぼちゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

14ひきのかぼちゃ

  • 絵本
作: いわむら かずお
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り10

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年04月
ISBN: 9784494008742

対象年齢 3歳から
B5判/26.6×19cm 32頁

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


いわむらかずおさんにインタビューしました!

おはなし

 ある日、かぼちゃの種を手にしたおじいさんを囲んで、おとうさんが「種まきしよう」と提案。みんなで土を耕して、かぼちゃの畑を作ることになりました。
 芽が出てからというもの、子供たちはかぼちゃのお世話に大忙し。そして、季節は過ぎ、いよいよ収穫の秋を迎えます。

みどころ

 作物を育てる14匹の労働と収穫の喜びが、かぼちゃの発芽から開花、実になる過程を通して、それぞれ畑の一風景の中に描かれます。大きなかぼちゃに成長するまでを見守る子供たちのまなざしは、真剣そのもの。虫がつかないように、風雨の被害を受けないようにという収穫までの苦労は、体験者でなければわからないものでしょう。自然と触れ合い、苦労あっての喜びを分かち合う生活本来の営みを、14匹が教えてくれるかのようです。
 冒頭に「命の粒だよ」と説明してくれたおじいちゃんの言葉どおり、かぼちゃの実は生命の象徴であると同時に、貴重な食料源でもあります。かぼちゃパイ、スープ、煮物、おまんじゅう……に舌鼓を打つ14匹を見て、今夜のおかずはかぼちゃにしようと思う読者も多いのでは。団らんの中の食事風景には、幸福が満ちあふれています。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

おじいさんが持っていた生命の種。みんなでまいて大事に育て、りっぱなかぼちゃになりました。

ベストレビュー

いのちのつぶ。

長男が小学校から毎日借りてくる図書館の本。
一時期ずっと、このいわむらかずおさんの14ひきシリーズが続きました。
この本を読む時は、“おとうさん、おかあさん〜”から始まる冒頭の文章を、兄弟交互に言うのが我が家ではすっかりお決まりの本読み開始の合図となりました。

シリーズ中、私のお気に入りの1冊がこの「14ひきのかぼちゃ」です。
おじいさんがかぼちゃの種をみなに《いのちの粒だよ》と話すところから始まります。季節の移り変わりとともにかぼちゃが成長していく様子、それを育てる家族の奮闘ぶり。大事に大事に育てたからこその収穫の喜びがあって…、そしてまた次の新しい命に繋がってゆく。
かぼちゃの成長とリンクして、3世代で生活している家族からも繋がってゆく命を垣間見た気がしました。
この本は手元に置いて、何度も読みたいなと思う本です。
(みかっけさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いわむら かずおさんのその他の作品

はこぶ / りんごがひとつ / とっくんトラックもりへぶぶー / 14ひきのポケットえほん かぼちゃセット(3冊セット) / ポケットえほん 14ひきのあきまつり / ポケットえほん 14ひきのせんたく



お気に入りのくだものはどれ?

14ひきのかぼちゃ

みんなの声(134人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット