ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
めいちゃんの500円玉
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

めいちゃんの500円玉

  • 児童書
作: なかがわ ちひろ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年12月09日
ISBN: 9784752007357

6さい〜
A5変形判 96ページ

みどころ

ある日めいちゃんは、しゃべることのできる不思議な500円玉を拾います。
自分を使うようにとうながす500円玉。
それならと、めいちゃんはおかしを買おうとスーパーに行ったり、動物を手に入れようとペットショップに行ったり、500円の使い道を探して町中をかけ回ります。
ところが、安いものばかり買おうとしたはずが合計が500円以上になっていたり、はたまた、500円で動物を買ってもきちんと育てるためにはもっとお金がかかることがわかったり、どうにもうまくいきません。

「もう、いやになっちゃった。お金って、めんどくさい!」

500円の使い道はぶじに見つかるのでしょうか?

めいちゃんといっしょに、「500円玉」で買えるもの、できることを探しながら、お金の価値について学ぶことのできる本作。
加えてこの作品でおすすめしたいポイントは、生き物を飼う責任感についてもまた教えてくれるという点です。
何かを飼い、育てようとすると、それが買えるだけの金額を払えばそれで済むというわけではありません。
いっしょに暮らすためにさまざまな設備を揃え、ずっと餌も買っていかなければなりません。
この絵本は、生き物を飼うということを、そうしてお金という側面から教え、想像させてくれる作品でもあるのです。

冒険の末にめいちゃんが手に入れた、「500円」よりもずっと価値のある大切なものとはなんでしょう?
おこづかいをもらうようになったらぜひ読んでもらいたい一冊です。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

道で拾った500円玉がしゃべりだし、めいちゃんに「オレ様で好きな物を買っていい」という。おかし、お花…色々なものを買いに行くけれど、うまく買い物できないめいちゃん。500円玉をなくしてしまったかわりに、手にいれたのは…

ベストレビュー

お金の価値がわかります。

めいちゃんは小学校の低学年くらいでしょうか。
500円玉を拾ったことで、手持ちのお金でモノを購入するとき計算が必要ということ。
モノを買うと消費税がつくということ。
1つのモノの値段が500円だったとしても、合わせて用意しなくてはいけない付属品が必要になる場合があること。
など、今まで知らなかったものの価値について知ることになります。
主人公のめいちゃんと同じくらいの年の子なら、十分理解できるお金の価値観がわかるストーリーになっていました。
絵本というより、低学年向けの児童書(ちょっと前の言い方をすると「幼年童話」)です。絵が多く、文章が簡潔で短いので、わかりやすいです。

5,6歳くらいから小学校中学年くらいのお子さんたちにお薦めします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかがわ ちひろさんのその他の作品

おたすけこびとのにちようび / きょうりゅうたちがけんかした / がっこうだって どきどきしてる / きょうりゅうたちのいただきます / にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たち / ぶきみなよるのけものたち



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

めいちゃんの500円玉

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット