バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
すずめの空
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すずめの空

絵: モハンマド=マフディ・タバータバーイー
訳: 蜂飼 耳 愛甲 恵子
詩: モハンマド=ホセイン・モハンマディ
出版社: ブルース・インターアクションズ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「すずめの空」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

アフガニスタンの人が詩を書き、イランの人が絵を描く。おなじことばを話す、となりどうしの国のひとたちが、友のあかしとして絵本をつくりました。
詩は、ペルシャで子どもたちの人気を集める若い作家が、子どもたちの日常を詠ったもの。よろこびも悲しみも、色とりどりの絵とともに美しいことばでつづられています。 

詩を手掛けたモハンマディは、戦争の影響で故郷アフガニスタンを離れ、イランに移ったのち、子どもたちのための物語や詩を書きはじめた若き作家です。子どもの悲しみや寂しさが、笑顔やよろこびと同じようにつづられているところ、文化の異なりそのままを映しだしているところが、この絵本の魅力をより輝かせています。

ベストレビュー

美しい

美しく描かれた表紙の夜空が素敵だったのでこの絵本を選びました。美しい文章の邦訳にもうっとりしました。詩にピッタリの絵がマッチしていて良かったです。特に母親が娘の為にスカートを用意する詩が素晴しく女の子が嬉しい思いを全身で表現している絵も見応えがありました。イランの文化や思想も感じる事が出来る絵本でした。
(ぴょーん爺の娘さん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・

蜂飼 耳さんのその他の作品

ちょっぴりおかしなどうぶつえん / みつばちさんと花のたね / アリとキリギリス / きんのおの / ずるいコウモリ / アリとハト



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

すずめの空

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット