ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
国語が楽しくなる新美南吉絵童話集(3) ついていったちょうちょう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

国語が楽しくなる新美南吉絵童話集(3) ついていったちょうちょう

  • 絵本
作: 新美 南吉
絵: 山中現
出版社: 星の環会 星の環会の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年04月01日
ISBN: 9784892945502

出版社からの紹介

新美南吉の名作「ついていったちょうちょう」をやさしく繊細にに描いた絵本。絵画のように鑑賞しながらイメージを膨らませることで、より深く主人 公の気持ちを理解し感じることができます。木版画家の山中 現によって生まれ変わった新たな新美南吉ワールドへ!

国語が楽しくなる新美南吉絵童話集(3) ついていったちょうちょう

ベストレビュー

新美南吉さんの 優しいおはなしです

ふうせんうり  子ども達は風船がすきですね  
赤やきいろ 青とカラフルな風船を 売っているおじさん
しろいちょうとは赤い風船と友達になって うれしそう ずっとついて行くのです(ラブストーリーのような)
あるひ 赤ちゃんをおんぶした 子守の女の子が 赤ちゃんのために風船を一銭でかいました
新美南吉さんの時代は 今のお金とちがって 一銭で風船が買えたのですね

子守の音の子が居眠りして風船のひもを離してしまうのです
あかいふうせんと ちょうちょは ひらひらどこまでも飛んでいきましたが・・・余韻の残る  やさしいお話しです

山中 現さんの版画が とても優しくて 新美南吉さんのお話にピッタリでした

今の子ども達にも風船は夢を与えてくれるのですね
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

新美 南吉さんのその他の作品

ごんぎつね / きつね / 巨男の話 / のら犬 / げたにばける / 国語が楽しくなる新美南吉絵童話集(2) 正坊とクロ



23人の絵本作家から未来の子どもへメッセージ

国語が楽しくなる新美南吉絵童話集(3) ついていったちょうちょう

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5



全ページためしよみ
年齢別絵本セット