貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ルサちゃんのさんぽみち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルサちゃんのさんぽみち

作: 内田 麟太郎
絵: 村上 康成
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ルサちゃんのさんぽみち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784333022069

出版社からの紹介

大好きなルサちゃんと会える散歩道にポピーのつぼみがありました。花が咲くのを、ふたりは楽しみにしていました。でもある日、モンちゃんがいつものように散歩道を行くと…。モンちゃんのピュアな初恋を描きます。

ベストレビュー

モンちゃんの淡い想い♪

モンちゃんの初恋のお話でしょうか?
読んでいて、ちょっと切なくなるストーリーでした。
好きな女の子「ルサちゃん」との思い出の場所に
ついつい足を運んでしまう気持ち、とてもよく分かります。
そして、その道中の足取りが軽やかになって
自然と鼻歌が出てしまうのも…♪

いろんな歌の替え歌で 鼻歌を歌うのが得意な我が家の長女が
早速、『あのね、あのね、あのねのね〜♪』と口ずさんでいて
思わず笑ってしまいました。楽譜はついていないのですが、
語呂が良くてリズムが取りやすいのでしょうね。
そして歌詞の『教えたいけど 教えない』という、
ちょっと もったいぶったところも気に入ったようです。
(YUKKOさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

とびますよ / うまはかける / なくのかな / はるの ごほうび / さよならともだち / 大どろぼう ジャム・パン

村上 康成さんのその他の作品

村上康成のイラストエッセイ 水ぎわの珍プレー / おおきくなったらきみはなんになる? / 母ぐま子ぐま / しあわせならてをたたこう / あれ あれ だあれ? / きょうはたんじょうび



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ルサちゃんのさんぽみち

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.21

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット