あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
檀君 朝鮮半島の建国神話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

檀君 朝鮮半島の建国神話

  • 絵本
作: キムセシル
絵: チェスッキ
訳: かみやにじ
出版社: 少年写真新聞社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

読書の幅が広がりそうです

韓国・朝鮮の昔話を最近多く出版している写真少年新聞社から出された絵本です。

大人の間では韓流がいまだにブームのようですが、子どもの世界ではどうでしょうか?我が家では親も子もあまり興味がありませんでした。ところが、図書館でよく見かけるのです。韓国や朝鮮に関した新刊書を。新刊書は大好きなので、いくつも読んでみました。

この本はそんな中の1冊。サブタイトルにもあるように、建国の話が語られています。それによると、国の基礎を作った檀君は天から下って来た神を父としています。そして、優しく賢く強い三拍子そろった人だったそう。

とまあ、どこにでもある神話ですが、面白かったのは檀君の母の出自でした。日本にはない感性だなあと思いました。こういうお国柄の違いに気がついてしまうと、もっともっと、この国の話が読みたくなりますし、また、他の国の建国の話も読みたくなります。

子どもよりも私が楽しんでしまいました。
(えっこさん 40代・ママ 男の子13歳、女の子10歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

キムセシルさんのその他の作品

このよでいちばん大きな男の子 / うさぎのさいばん

かみや にじさんのその他の作品

クリムのしろいキャンバス / おいしいよ! はじめて つくる かんこくりょうり / からだのなかには なにがある? / こころの家 / ノマはちいさなはつめいか / ふしぎなしろねずみ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

檀君 朝鮮半島の建国神話

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット