おばけなんてないさ おばけなんてないさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
誰もが歌ったことのある童謡「オバケなんてないさ」が、せなけいこのユーモアあふれる貼り絵で楽しい絵本になりました。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
わんぱくこぞうとおんなのこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わんぱくこぞうとおんなのこ

作・絵: 石松知磨子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1974年

こどものとも 1974年6月号

出版社からの紹介

森の虫と仲良しの女の子は、いつも5人のわんぱくこぞうにいじめられていました。ある日とうとうたまらなくなって女の子が逃げだすと、野原の虫たちはみんな女の子のまわりに集まってきました。虫たちは女の子を励まし、いっしょに仕返しすることにしました。こんどは虫たちに追いかけられたわんぱくこぞうたちが、すりばち池の中へ滑り落ち……。けんかして仲良くなる元気な子どもたちのお話です。(「こどものとも」219号)

ベストレビュー

幸せな絵本

この絵本は、私が子供の頃、幼稚園から配本された「こどものとも」の一冊です。

征矢清さんがお書きになった「かおるのひみつ」「かおるのたからもの」 「かおるがみつけた小さな家」などの、かおるのシリーズの装画を手がけた石松さんのお作です。
この絵がとても親しみやすく、大好きな一冊でした。

5人のわんぱくこぞうと、虫たちと仲良く遊ぶ、女の子の物語です。
いつもいじめられていた女の子が、虫たちと立ち上がって、わんぱくこぞうをやっつけるストーリー展開が、結構ダイナミックで、うちの子供もおおうけしました。
まあ、絵本の中の子供たちの表情の豊かな事といったら!

すでに私が読みつくしており、年数もたっているので、シミがたくさんついている小汚い絵本なのですが、
きっと、さらに息子が汚してくれるのでしょうね。
けれど、これぞ、幸せな絵本、なのかもしれません。
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子5歳)

出版社おすすめ

  • うさぎマンション
    うさぎマンションの試し読みができます!
    うさぎマンション
     出版社:くもん出版
    うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに



日本出版10周年記念! アリスン・マギーさんインタビュー

わんぱくこぞうとおんなのこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット