宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
グレイリング
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

グレイリング

  • 絵本

ベストレビュー

セルチーはアザラシであり 人間の姿に

お話しサークルの人が読んでくれました。セルチーの物語です

スコットランドの漁民達が語る 物語です

子どものいない夫婦の元に アザラシの子どもが現れて   それはセルチーだったのです   つまり 陸の上では人間 海の中ではアザラシ
子どもを授かった夫婦は喜びます そして育てるのです
15年たったある日 大暴風雨がおそい  父親が海で遭難するのです

村の人たちは自分の危険をかってまでは助けようとはしません
妻は助けを求めるのですが・・・・・その時若者に育った グレイリング(息子)が海に飛び込み 父親を助けるのです
もちろん 海に入ったら 人間ではなくアザラシに戻ったのです
それでもグレイリングは満足でした

父親を助けることができたのですから  そして また グレイリングはセルチーとして 海に帰りアザラシになったことが 自然な姿だったのかもしれません
広い海に帰った息子を 夫婦は あの子ににとって一番良かったと思っていました
絵もと手も素晴らしく 特に夫婦が夕焼けの海を見つめている後ろ姿の絵が好きです

アザラシに戻ったグレイリングも一年に一度必ずお父さんお母さんの住む小屋へやってくるのです  そして 歌を歌って聴かせてあげるのです(楽譜とうたがのっています)

涙します。 ステキなお話に・・・・
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本

ジェーン・ヨーレンさんのその他の作品

みずうみにきえた村



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

グレイリング

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット