季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
クルツのごきげんしゃしんかん

クルツのごきげんしゃしんかん

  • 絵本
作: 加藤 晶子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2016年03月23日
ISBN: 9784061332867

よみきかせ:3歳ごろから ひとりよみ:4歳ごろか
32P

みどころ

ようこそ! クルツ写真館へ。
ネコのクルツは腕利きのカメラマン。この写真館に来れば、どんな悩みや問題も解決してくれて、ごきげんな写真を撮ってくれると評判なのです。
やって来たのは、「強そうに撮ってもらえませんか?」という、気の弱そうなライオンさん。クルツは、助手のチュータと一緒に、ひげをブラシでとかし、たてがみをカールさせて…ここまでは、ふつうの写真館と同じです。違うのは、クルツが、ちょっとしたハプニングのシャッターチャンスを逃さないこと! テーブルからすべり落ちそうになったチュータを助けようと、がしっとテーブルをつかんだ瞬間のライオンさんを、パチリ! 強そうなポーズで撮れた写真に、ライオンさんは大満足。るんるんで帰っていきました。
「甘えんぼうの子がポケットから出てこなくて…」というカンガルーのお母さん。クルツは、キッチンのオーブンから焼きたてのクッキーを出し、ポケットから顔をのぞかせた、いいお顔のぼうやをパチリ!
最後は、「写真なんてやだよ!」とご機嫌ななめのふたごのこぐまたち。さあ、クルツはどうやって解決するでしょう? 

加藤晶子さんは、『てがみぼうやのゆくところ』で講談社絵本新人賞を受賞された絵本作家さん。あたたかくて、どこか懐かしい色合いの画風は、表情豊かな動物たちのユーモラスな物語にもぴったりです。写真機が収まった棚や子ども向けのおもちゃが並んだ棚…インテリアの細部までおしゃれなのも見どころです。
写真って撮るのも撮られるのも楽しいけれど、いい表情の写真を撮りたいと気負うとむずかしいこともありますよね。こんなすてきな写真館があったらなあと思わせてくれるお話です。


(長安さほ  編集者・ライター)

クルツのごきげんしゃしんかん

出版社からの紹介

まちのはずれの写真館。ここにくれば、どんな悩みや問題も、クルツがたちまち解決して、ごきげんな写真を、さあ、パチリ!

ベストレビュー

いいお店だな

町のはずれの写真館は

どんな動物もみんなごきげんになってしまう

写真館だそうです。

カメラマンはねこのクルツ。

ねずみのチュータはお手伝いをしてくれます。

この写真館にくるお客さんは

写真を撮る前にいろんな依頼をしてきます。

ご希望通りの写真を撮るのって大変!と

思っていましたがクルツの技はすごかった。

ここで写真を撮ったら、

半目だったり、髪の毛がバッサーなんてことも

なさそうで安心ですね。
(ジョージ大好きさん 40代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています


加藤 晶子さんのその他の作品

てがみぼうやのゆくところ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > クルツのごきげんしゃしんかん

4月の新刊&オススメ絵本情報

クルツのごきげんしゃしんかん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット