しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
こまどりのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こまどりのクリスマス

  • 絵本
絵: 丸木俊子
訳: 渡辺 茂男
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1960年

5才〜6才向き

出版社からの紹介

こまどりは王様のところで楽しいクリスマスの歌を唄うために、お城をめざして飛んでいきました。しげみのところでは猫に、生け垣では鷹に、岩の上では狐に、言葉巧みに誘われますが、こまどりはだまされず、王様のお城に着きました。王さまとお妃さまはかわいい歌を歌ってくれたご褒美に……。スコットランドの民話を丸木俊子(後に丸木俊)が美しく描きます。(「こどものとも」57号)

ベストレビュー

女の子心

昔、自分が繰り返し読んだ絵本です。

今は絶版になっているようですが、何度かこどものともで増刷され、配本されているようですね。
実にシンプルな、昔風の絵本なのですが、その昔加減がよい味を出しています。

王様、お后さまの衣装など、実に美しく描かれていて、子供心にも惹かれるものがありました。
スコットランドの民話に基づくもので、絵も華やかなので、てっきり外国のものか、と思ったら、日本の方が挿絵をかかれていたのですね。
ちょっとびっくりしました。

賢い駒鳥が、他の動物たちにだまされることなく、お城へ行き、歌をうたったごほうびに、ミソサザイのお嫁さんをもらうことになる話の流れが、女の子心をくすぐったのでしょうね。
相当読んだ覚えがあります。

案の定、読み聞かせてはみたものの、息子は、「ふーん」ぐらいでしたが。
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子5歳)

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    野島健児さんの読み聞かせ動画も公開中 出発しま〜す
  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ

丸木俊子さんのその他の作品

でてきておひさま / たけむすめ / まえがみ太郎 / うみのがくたい

渡辺 茂男さんのその他の作品

ダンプのがらっぱち / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ひみつの塔の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ ダイヤの館の冒険 / 岩波少年文庫 ミス・ビアンカ くらやみ城の冒険 / もくたんじどうしゃもくべえ / どうぶつたちのおかいもの



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

こまどりのクリスマス

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 2
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット