サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
めんどりヒルダのこわいよる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

めんどりヒルダのこわいよる

作・絵: メリー・ウォーメル
訳: ほんじょうまなみ
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,300 +税

「めんどりヒルダのこわいよる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

「めんどりヒルダ」シリーズ3部作第2弾。女優本上まなみの翻訳絵本。ある日、ヒルダは、バラのしげみの下で眠りこんでしまって……。 大好評第一作に続く、楽しいヒルダの物語。お子さまへの読み聞かせにピッタリの絵本!

ベストレビュー

かわいい勘違い♪

めんどりのヒルダが、目を覚ますとあたりは真っ暗。
夜の庭で様々な怖いものに遭遇します。
本当はヒルダの勘違いなんだけど、「私がこんなに勇気があったなんて知らなかったわ。」と得意になりながら、頑張ってその危機を何度も乗り越えていきます。

ヒルダの勘違いも面白いけれど、何も知らずに得意そうになるところがかわいいですね。
やっと、にわとり小屋についたころはもう朝になっていました。
一晩中かけて、頑張ったヒルダがまた、かわいい。
日中なんでもないものが、夜暗くなったら、見方によってお化けに見えたりすることってありますよね。
特に、暗くなると目が見えなくなる鳥たちにとっては、そうとうの恐怖でしょうね。
それをうまく、絵本にしたところがいい。
作者が、メンドリたちと暮らしているだけあって、めんどりたちのイキイキした絵(版画絵)は美しいです。

ただ、娘には「勘違いする」ことがよく理解できなかったようです。
(多夢さん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


メリー・ウォーメルさんのその他の作品

めんどりヒルダ

ほんじょうまなみさんのその他の作品

ほんやのいぬくん



いないいない…ばあっ!で、とびきりの笑顔に♪

めんどりヒルダのこわいよる

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット