新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

路線バスしゅっぱつ!

路線バスしゅっぱつ!

  • 絵本
作: 鎌田 歩
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2016年04月15日
ISBN: 9784834082500

小学校低学年
32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

つばさくんは、友だちと路線バスにのって公園まで遊びにいくことにしました。子どもだけでバスに乗るのは、はじめてです。つばさくんたちは無事に公園までたどりつけるでしょうか。 もっとも身近な公共の乗り物のひとつである路線バスには、驚くほどたくさんの装置や、乗客の安全を守るためのさまざまな工夫がほどこされています。つばさくんの視点を通して、はじめての路線バスの旅を精密なイラストレーションで丁寧に描きます。

路線バスしゅっぱつ!

ベストレビュー

路線バスに乗ってみたくなりますね

身近に走る路線バス。
そのバスの仕組みや車内の様子や運転士さんのことなどがとても細かな描写で描かれています。
特にあまり目にすることがない運転席の細かなイラストのページは子どもが喜びました。

そして、つばさくんたちの子ども旅!そんな子どもの目線からバスの様子が描かれていて子どもも自分が冒険に出ているような気分で読めるのではないでしょうか?

大人の私からしてみると、バスにそれほど関心は持っていなかったのですが路線バスにはお客さんの安全を守るため、快適に乗れるための工夫が本当にたくさん施されているのですね。

読んだ後には、なんだかなんとなく乗っていた路線バスにまた乗ってみたくなりました。

バスに乗る前に子どもに読み聞かせするのもおすすめです。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子13歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

鎌田 歩さんのその他の作品

はしごしゃの のびるくん / 雨の日の地下トンネル / みつけた!こんちゅう / 紙芝居 でんしゃのうんてんしさん / ふみきりくん / 巨大空港


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 交通・通信 > 路線バスしゅっぱつ!

4月の新刊&オススメ絵本情報

路線バスしゅっぱつ!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット