はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)の試し読みができます!
再話: 深山 さくら  出版社: くもん出版
子どもたちの大好きなあのお話、英語で読んでみませんか? 昔話や楽しい歌を収録した、CD付き絵本!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
さきちゃんのくつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さきちゃんのくつ

  • 絵本
作: そうま こうへい
絵: まるやま あやこ
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年04月25日
ISBN: 9784577043813

4歳ごろから
27×21cm・32P

みどころ

新しいくつを買って貰ったさきちゃん。玄関に並べてある、以前まで履いていたうさぎさんの付いたピンクの靴が、寂しそうにしているような気がしました。

「おかあさん、もしかして うさちゃんのくつ すてちゃうの?」
涙目になってさきちゃんは尋ねます。
お母さんは、優しく言いました。
「どうしたらいいか かんがえてみるからね。」

さきちゃんは、それからうさちゃんの顔が頭から離れません。
たくさんの思い出が詰まったうさちゃんの靴は、いったいどうなるのでしょう。

さきちゃんは3歳位でしょうか、この位の年齢になると、物を慈しむ心も発達し、感情も豊かになってきます。
そんなさきちゃんを優しく見守るおかあさん…。

喜んだり、泣いたり、不安になったり、どのページのさきちゃんも、その心情が読む人に伝わる豊かで繊細なタッチで描かれています。
比較的長いお話なのに、最後までストーリーの成り行きを見守り、男の子でも自然とさきちゃんに感情移入できるでしょう。

さきちゃんの子どもならではの愛くるしさが胸に迫ってきます。

(福田亜紀子  元絵本編集者)

出版社からの紹介

新しいくつを買ってもらったさきちゃん。でも、ずっといっしょだった“うさちゃんのくつ”との思い出がよみがえって…。持ちものへの愛情が芽生えた子どもと、わが子の成長をいとおしむ母親の姿をあたたかく描きます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


まるやま あやこさんのその他の作品

なのはなごうしゅっぱつしんこう / そっと / ゆきのひのいえで / おはなみ / せんそうってなんだったの? 海に消えた小さな晴れ着 / おかしのくにのバレリーナ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

さきちゃんのくつ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット