雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
ぼくじょうにきてね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくじょうにきてね

  • 絵本
作: 星川ひろ子
絵: 星川 治雄
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年02月
ISBN: 9784591085158

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

牧場にとって乳牛は生活するための大切な動物。働くパパの姿を見ながら、まどかは牧場のくらしをだんだん理解していきます。

ベストレビュー

子どもの表情がいいですね

最近、星川さんの写真絵本にハマっています。
子どもたちのイキイキとした姿をとてもよく捉えているし
分かり易い言葉を使って感じ入ることが出来るところに
ジーンとします。
この絵本は牧場に暮らす女の子が牛との触れ合いを楽しみながらも
牛が売られていったり、お肉にされてしまうのを悲しむ様子がとても
切なく描かれています。
悲しむ女の子にお父さんが寄り添って食事の時の
「いただきます」の意味を優しく諭す言葉に感動してしまいました。
娘は牛の乳搾りの場面に驚き、牡牛が売られてゆくところをみて
「女の子だったら良かったのにね」と寂しそうに言っていました。
親子でとても入り込んで読んだ絵本です。
オススメです。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


星川ひろ子さんのその他の作品

あかちゃんが教室にきたよ / みえないって、どんなこと? / バリアフリーの本(3) 耳に障害のある子といっしょに / バリアフリーの本(8) 重い障害のある子といっしょに / ちえちゃんの卒業式 / となりのしげちゃん

星川 治雄さんのその他の作品

たま、また たま / しゃしんであそぼ (1) しりとりあそび しろとくろ / しゃしんであそぼ(2) しりとりあそび あか・みどり・き / しゃしんであそぼ(3) しりとりあそび ちゃいろ / 竹とぼくとおじいちゃん / あかちゃんてね



葉祥明さんの描く不朽の名作

ぼくじょうにきてね

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット