貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
スイス鉄道ものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

スイス鉄道ものがたり

  • 絵本
作: 宮脇 俊三
絵: 黒岩 保美
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「スイス鉄道ものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784834013344

自分で読むなら・ 小学中学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

クルマ時代の今日もスイスの鉄道は大活躍。ループ線、アーチ橋、トンネルをつぎつぎと走り、山をこえ谷をわたっていきます。アルプスの山々の急勾配を登る登山電車もたくさん紹介。

ベストレビュー

スイスの鉄道を満喫

福音館書店の小学生向け月刊誌「たくさんのふしぎ」がハードカバーになったたくさんの不思議傑作集のひとつです。

小学生向けですが、幼稚園の年中くらいからでも楽しめます。小学生向きに書かれているので、内容も詳しかったりしますが、電車好きの子は平気で読んでしまいます。

スイスで暮らしたことのあるおじいちゃんに連れられて小学生の姉弟がスイス旅行に出かけます。

スイスは鉄道が大変発達していて、いろんな種類の鉄道が走っています。それらに乗ることを目的にいろんな鉄道に乗ってスイスをめぐります。

鉄道の種類だけでなく、スイスの産業のことや歴史などにも少し触れられていてなかなか読み応えがあり、大人が読んでも十分興味深い内容になっています。

それでもページをめくる度に違った電車が描かれていて、登山鉄道なのも登場するのですごく楽しいようです。

5歳の子供のお気に入りの1冊になっています。
(ふっふるさんさん 30代・ママ 5歳、2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

宮脇 俊三さんのその他の作品

御殿場線ものがたり / 青函連絡船ものがたり



0歳から遊べる♪初めてのブロック遊びにぴったりのセット

スイス鉄道ものがたり

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット