ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ

  • 絵本
作・絵: いわむら かずお
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年
ISBN: 9784039632500

小学初級から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

山奥の夜行列車に、動物達が乗り込んできた。そして口々に人間の身勝手は許せないという。
自然の大切さを語るファンタジー絵本。
作品名

ベストレビュー

おもしろいっ

何度も本屋さんで素通りしてた絵本です。

表紙の印象でなんだか寂しげで怖いんじゃないかな・・・
4歳の息子が怖がるから無理かな・・・
ところが「14ひきのねずみ」シリーズの著者だと気づき
手に取りました。

さっと立ち読みしたときの感想は「ちょっと難しいかも?」でしたが
息子に読み聞かせしたら大うけ!!

動物たちのしゃべるお国言葉は息子には新鮮だったようです。
「〜だっぺ、チュー」と語尾に動物たちの特徴ある擬音がはいるのも
ツボで、内容云々よりも、次にどこに擬音が入るか・・・
どんな動物が乗ってくるのか・・・

そこに夢中でした(笑)

きっと息子が成長するとともに、この絵本の魅力にひとつひとつ気づいていくんでしょう。

小学生になったら?
中学生になったら?

それを思うとずっと置いておきたい絵本ですね。
(ともさん。さん 20代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いわむら かずおさんのその他の作品

はこぶ / りんごがひとつ / とっくんトラックもりへぶぶー / 14ひきのポケットえほん かぼちゃセット(3冊セット) / ポケットえほん 14ひきのあきまつり / ポケットえほん 14ひきのせんたく



人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット