もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ

  • 絵本
作: ジャーヴィス
訳: 青山 南
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年05月23日
ISBN: 9784776407621

5〜8歳
27×29p 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アランはこわーいワニの一族。ジャングルではみんながこわがっていましたが、実はアランもみんなをこわがらせる努力をしていたんです。うろこをみがいたり、つめをとがらせたり、とくにおおきな歯は、いっぽんいっぽん10分かけてみがきます。ところが、アランの歯は、じつは……?!ポップで鮮やかな色で描かれた楽しい絵本。アランのおおきな歯が、とても目を引きます。こわがらせることが生きがいだったアランですが、あることをきっかけに大きく方向転換。楽しくて、ユーモラス。歯のたいせつさにも触れられます。

ベストレビュー

朝の怖がらせのお時間

『ALAN’S BIG SCARY TEETH』が原題。
軽妙な意訳が愉快です。
怖ーいワニの一族のアランの日課は、朝の怖がらせのお時間。
ジャングルでみんなを怖がらせるのです。
そのために、頑張って!?歯や鱗の手入れをしているというわけなのです。
ところが、その歯には秘密があって、ある日ハプニングが。
ある意味、アランのアイデンティティ探しストーリーといえるかもしれません。
ともあれ、みんなとの共存できた今は、それはそれは幸せ。
うう、究極のハッピーエンドだと思います。
ちょっとした歯みがき奨励本にも使えそうです。
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジャーヴィスさんのその他の作品

ホッキョクグマと南極のペンギン

青山 南さんのその他の作品

ほんと さいこうの日 / こどものなかま / クマですが、イヌです / はだかんぼ! / トラさん、あばれる / ラスコーの洞窟



どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット