こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
うみのそこたんけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うみのそこたんけん

  • 絵本
文: 中川 ひろたか
絵: 澤野 秋文
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年06月03日
ISBN: 9784752007470

4歳から
32ページ A4判

出版社からの紹介

「海の底はどうなっているんだろう」とつぶやくと、海坊主があらわれて、海の水を飲み干してしまう。男の子は、海坊主の子どもたちとともに海底を探検。くじらのホネ、海底温泉などで、様々な不思議な生き物に出会う。
カバーの裏には深海生物が登場するすごろくも。すみずみまで楽しい絵本です。

ベストレビュー

海水を飲み干す

水中写真のような素敵な表紙の絵に、そんなイメージを抱いていたのですが、
さにあらず。
男の子が海の底を見て見たいと、念じたら、
海坊主(!)がその願いをかなえてくれたというのです。
なんと、海坊主が海水を飲み込んで、海底が出現するという、
大胆な展開です。
海の生き物を愛でるというよりは、海底もまた地球の一部であることを体感するイメージです。
この視点は、海だけを見ていたらなかなか実感できない発想ですが、
なるほど、一目瞭然、リアルです。
もちろん、酸素ボンベをつけたりなど小細工をしなくても、
深海の様子を目撃できますよ。
そう、この陸地感が大事だと思います。
海坊主の、おとぼけですが人懐っこい造形もツボでしょうか。
小学生くらいからがよいと思います。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


中川 ひろたかさんのその他の作品

みんな生きている / ダイズマンとコメリーヌ / ふしぎなふうせん / おべんとうばこの なかから / ガーコとリチャードのあいことば / いのちのたべもの

澤野 秋文さんのその他の作品

ようかい りょうりばんづけ / こんやも バクは ねむらない / たなからぼたもち / じつはよるのほんだなは / 1月のおはなし なんてだじゃれなお正月 / それなら いい いえ ありますよ



『たからもののあなた』まつおりかこさんインタビュー

うみのそこたんけん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット