たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
かぁかぁもうもう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かぁかぁもうもう

  • 絵本
作: 丹治 匠
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年07月10日
ISBN: 9784772102339

2歳から
19 × 24 cm

関連するスペシャルコンテンツ


あなたの気になる2016年の絵本は?

みどころ

色あざやかな青いからすと、黄色いうし。
両者のかけあいがにぎやかな絵本です。

からすのうたは かあかあかあ
うしのうたは もうもうもう
今度はもっと大きく
かあかあかあ!もうもうもう!

声のかけあいはどんどん大きくなり……
つかれてふたりはひとやすみ。

声の大きさを競い合ったあとは今度は速さ!?
かかかかかかかかかかかあ
もももももももももももう
「こーんなことできるかい?」
「そんなのかんたん おちゃのこさいさい」

からすとうしの競い合いには終わりがありません。
ちょっとこの感じって……どこかで見たことありませんか?

そうそう。
うちのあの子たちにそっくり……なんて。
思っているお母さんやお父さんはいませんか?

もしいたら、大正解!
作者の丹治匠さんの言葉によると、作者の娘さんたちも毎日喧嘩をしては仲直りをしているそうなんです。
些細なことからエスカレートして言い合いになるけれど、最後はいつの間にかまた仲よくなっている。
言い合いと仲直りが、テンポよく、ダイナミックに描かれたこの絵本。
「かあかあ」「もうもう」と言い合ったあげく、“楽しい歌い方”まで競い合うようになると、最後はお互い笑い出してしまって……笑顔しか残りません。
読む方も自然に力が入って、大声で読んだらさわやかになっちゃいそうな絵本です。

言い合いを逆手にとった楽しい絵本。
「かあかあ」「もうもう」と二手に分かれて読むのもおもしろそうですね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

かぁかぁもうもう

かぁかぁもうもう

出版社からの紹介

気持ちよく歌をうたっていたカラスとウシ。ひょんなことから、張り合いの歌合戦に…。
カラスとウシの気持ちになって、声を合わせて読みたくなる楽しい絵本。
レトロモダンな色彩も美しく、読み聞かせにもおすすめです。
ただし、カラス組とウシ組に分かれて読んだ場合、とてつもない大騒ぎになる可能性があるためご注意ください。

ベストレビュー

シンプルさの中にある面白さ

かあ と もう だけでこんなに楽しめるなんて。
言葉の持つ力ってすごいですね。

登場人物がいたってシンプルでカラスと牛。
出てくる言葉も「か」と「も」とシンプル。

でもシンプルさの中に、凝縮された面白さが潜んでいる絵本です。
読むほうのめりはりもとても大切です。

これは読み手が一緒になって面白く読まないと勿体ないです。
そして、一緒になって聞き手も声を出してみんなで盛り上がればとっても楽しいでしょうね。

この絵本を読んだ後には、もしかしたら声が枯れてしまっているかもしれませんね!
(Pocketさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


丹治 匠さんのその他の作品

はなちゃんのぼうし



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

かぁかぁもうもう

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット