新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
どんくまさんは えきちょう

どんくまさんは えきちょう

  • 絵本
作: 蔵冨千鶴子
絵: 柿本 幸造
出版社: 至光社 至光社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1972年
ISBN: 9784783400523

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

どんくまさんのすむ谷に、はじめて汽車がやってくる。駅長になったどんくまさんは、どんな活躍をするのかな?


ベストレビュー

とおいこどもだった日のことを思い出します

じいじ、ばあばからプレゼントとして、娘にもらった本です。表紙を見るなり私の心は子どもの頃にタイムスリップしたみたいになって、なんともいえない、暖かい気持ちになりました。その気持ちを取り戻して以来、娘への読み語りに、なお一層喜びを感じています。この本は、私にとっての大切な一冊だったことを思い出したからです。
こうして娘のために手に取るまで忘れていたのですが、私はこの本の絵が大好きでした。今もう一度読んでみても、文章や内容はさっぱり思い出せないのに、なぜかページをめくるたび、その絵の細かいところまで(たくさん出てくるウサギの数や、旗の様子など)すごく覚えているのです。父や母が膝に招いて読んでくれた暖かさや、そのときの部屋の様子なども思い出しました。
きっと絵本って、心の栄養剤みたいなもので、特に子どもは絵やその場の雰囲気を肌で感じていて、心の深いところにずっとずっと持っているのだと知った今、たとえ今娘が、本を聞いて親の納得いく反応を示していなくても、何十年か経って、私のように暖かい気持ちをもう一度持つことがあるなら、毎日「これ読んで!!」と持ってくる本を、娘に読んでやりたいと思っています。
(やこちんさん 30代・ママ 女の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
968円
513円
1,100円
968円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

847円
2,750円
517円
1,980円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

どんくまさんは えきちょう

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら