くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
キョウリュウがほしい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

キョウリュウがほしい

  • 絵本
文: ハーウィン・オラム
絵・訳: きたむら さとし
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年08月01日
ISBN: 9784776407560

5歳から
24×21cm 28頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

『ぼくはおこった』できたむらさとしさんがイギリスの新人絵本画家に与えられるマザーグース賞を受賞して以来の名コンビ。ハーウィン・オラム文、きたむらさとしさん絵・訳の組み合わせの絵本。
本書は待望の復刊です。

アレックスはベッドの上で泣いています。「ぼくはキョウリュウがほしい」
犬でもカタツムリでもなくキョウリュウのペットがほしいのです。
いつまでもだだをこねるので、とうとうおじいさんがキョウリュウ・デパートに連れていってくれました。
1階には大人のキョウリュウ、2階には子どものキョウリュウ。そして3階にはキョウリュウを飼うのに必要な品物が並んでいます。

トリケラトプスがいいかな、ファブロサウルスもわるくないな、やっぱりディプロディカスにしようかな。
アレックスが迷っているとマソスポンダラスと目があって、アレックスの手をぺろぺろなめます。
この女の子のキョウリュウに「フレッド」と名前をつけて、家に連れてかえることにしたアレックス。
しかし家は大混乱に陥ります!
フレッドったら、何でも食べちゃうし、お風呂はジャングルみたいになるし、部屋はめちゃくちゃだし……。
「なんて げんしてきなの。ほんとに ほんとに、もう うんざり」と泣き出してしまうお母さん。
アレックスはどうするのかな?

キョウリュウを飼うなんて、子どもたちの永遠のあこがれですよね。
もし飼ってみたら……? たしかにこんなトラブルが起こりそう。
「お母さん泣いちゃってる……」と子ども心におもしろいかもしれません。
でもやっぱりぎょろりとした目のフレッドはかわいい!
きたむらさとしさんが描くキョウリュウ・デパートもかっこいい!
キョウリュウの形をしたガラス張りの建物で中はジャングル。行ってみたくなります。

念願のキョウリュウをペットにして、世話をするアレックス。
しかし後半フレッドは元気がなくなっていきます。

個人的にはお母さんの「なんてげんしてきなの」のセリフに思わず笑ってしまいました。
なんでもかじるあかちゃんが家を這い回っているときに、口にしたようなセリフです。
キョウリュウもあかちゃんも「げんしてき」だからかわいいということもあるけど、やっぱり生き物を飼うには、その生き物に合った環境が必要ですよね。
最後の場面にはクスッとさせられますよ。

フレッドがくちゃくちゃかんで壊したさまざまなものが細かく描かれた場面は見どころです。
困り顔のおじいさんやアレックスの表情にもご注目くださいね。
きたむらさとしさんのユーモラスな絵の世界をたっぷり味わえる絵本です。


(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

アレックスは、キョウリュウ・デパートでキョウリュウを買ってもらいました。
ところが、このキョウリュウったらものすごい食欲で、洗濯物やおとなりの庭のウリまで食べちゃうし、
お風呂に入れるのも一苦労。家にいれば部屋の中はぐちゃぐちゃで、
散歩に出ればトラックにもとびかかる、キョウリュウを飼うって本当に大変! 
少年の夢をユーモラスに描いた秀作。

ベストレビュー

恐竜のペット

恐竜好きの子だったら
一度はこういう「恐竜を飼う」っていう妄想
してみるんじゃないでしょうか。

そんな妄想全開のこの一冊。
でも、妄想だとしても、実際に飼うとなると
前途多難になりそうな現実が
コミカルに描かれています。
「飼っている猫をひとかじり・・」なんて、ぞっとしますが
きたむらさとしさんの絵が笑いを誘います。
読み進めていくうちに
恐竜を飼うという妄想現実は「夢オチ」するのですが
現実的に「・・・ウサギを飼いたい」という主人公に
またクスリときます。
(やこちんさん 40代・ママ 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ハーウィン・オラムさんのその他の作品

魔女ネコ日記(4) おてんば魔女 魔女料理は☆☆☆料理!! / 魔女ネコのてがみおてんば魔女ぜったいおひめさま! / おてんば魔女パジャマパーティーで人気者!? / 魔女ネコ日記(2) おてんば魔女 ガールズバンドで大スター!? / おてんば魔女バレエ学校で123 / ジョイバルー

きたむら さとしさんのその他の作品

エルマー はやいのはだれ? / なるほど! お金のはなし / ぼくとテスの秘密の七日間 / エルマーのはじめてのかずのほん / エルマーのはんたいことば / おばあちゃんは大どろぼう?!



あかちゃんが言いやすいことばで、おしゃべりスタート♪

キョウリュウがほしい

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット