話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
船を見にいく
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

船を見にいく

  • 絵本
作: アントニオ・コック
絵: ルーカ・カインミ
訳: なかの じゅんこ
出版社: きじとら出版

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2016年07月31日
ISBN: 9784908214059

小学校低学年〜
ページ数:25ページ
サイズ:29.0×20.5cm

出版社からの紹介

◆第22回いたばし国際絵本翻訳大賞(イタリア語部門)受賞作品◆

ぼくはよく、船を見にいく。船はじっと、とまってるわけじゃない。ゆっくりと、いきをしながらねむっているんだ……


造船所の船を見に、少年は港を訪れる。船は生きている、そして何度でも生まれかわる。はたらく人々の力強さ、世界の大きさを感じ、想像を広げるひとりの時間――。

未来へと航海する子どもたちに届けたい一冊です。

船を見にいく

ベストレビュー

造船所のある風景

造船所で作られている船は、とてつもなく大きな建造物であり、ドックの中にいると大きな鉄の塊でもあると思います。
独特の匂いを感じ、小さく見える働く人々を見ていながら、ふと人気がない風景を見ると、透明な旅人たちがいるのかもしれません。
造船所と港がある場所で、少年の繊細で感性豊かな想像力に感動しました。
世界に広がる冒険の空間なのでしょうか。
読むとしたら高学年のような気がしました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。



性被害から自分を守るための絵本『パンツのなかのまほう』なかがわさやこさんインタビュー

船を見にいく

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.8

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット