語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちごの試し読みができます!
文・絵: こが ようこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
絵本での語りかけの様子がわかる動画も見られます!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ボンとハレトモのぼうけん しゅばばばばばばびじゅつかん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボンとハレトモのぼうけん しゅばばばばばばびじゅつかん

  • 絵本
作・絵: uwabami
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ボンとハレトモのぼうけん しゅばばばばばばびじゅつかん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年09月26日
ISBN: 9784865490817

4、5歳から
25×25p ・36頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

制作風景の観覧をしている人を、絵の中に登場させ、たくさんの登場人物のストーリーを、一枚の絵の中に落としこむ画法。
「キャラストレーション」
この独自の画法によるライブペインティングや、「一度で見きれないアニメーション」シリーズで知られるアートユニットが描く、初の絵本作品!

いつも仲良しなボンとハレトモ。
ある日、ふたりは美術館に出かけます。
世界各国の著名な美術作品が、一堂に会する大展覧会!
ふたりがツタンカーメンの描かれた壁画を見ていると――

しゅばばばばばば!!

まばゆい光の中に吸いこまれてしまったふたり。
気づけばそこは、壁画の中の世界でした。

ヒマを持てあましたツタンカーメン!?
おしゃれに悩むモナリザ!?
考えすぎる「考える人」!?

有名な美術作品の世界で出会う、あまりにも意外すぎる人物たち。
ボンとハレトモが巻き起こす騒動に、彼らの世界も大さわぎ。

ふたりが入りこむ美術作品の世界には、その作品の個性をよく表した人々が住んでいます。
ページいっぱいに描かれている彼らはとても個性豊かで、その表情や動きも生き生きとしています。
ドタバタとにぎやかな中で、思い思いに過ごすにぎやかな彼らをながめていると、ひとりひとりの背景にあるささやかな物語が、少しずつうかがえてくるよう。
いろいろな想像を巡らせながら、ついつい見入ってしまいます。

美術館に飾られている絵画は、ボンとハレトモが入りこむもののほかにも、よくよく見てみれば、葛飾北斎からフェルメール、ラファエロ、ボッティチェリ、ミケランジェロと、そうそうたるラインナップ!
かの有名画が、かわいらしいイラストレーションで絵本化されています。
巻末には、登場した美術作品の一覧があるので、本物と見比べながら読むのも楽しいかもしれませんね。

あとがきで語られている、「この作品が美術作品との出会いのきっかけになれば」という作者の言葉の通り、美術作品の楽しみ方は自由だと教えてくれる、そんな一冊です。

(堀井拓馬  小説家)

ボンとハレトモのぼうけん しゅばばばばばばびじゅつかん

出版社からの紹介

リスのボンと、親友で好奇心旺盛な男の子ハレトモが、美術館に行きました。展示されているのは、世界的に有名な美術品ばかり。ツタンカーメンの壁画の前にくると、ハレトモは図書館で調べた秘密の呪文を読み上げました。そのとたん、しゅばばばばばば! 二人は、まぶしい光とともに壁画の中へ吸い込まれてしまったのです‼

気がつくと、そこは作品の中の世界。絵や彫刻で見た人たちが生きて動いているのです。ボンとハレトモは、ツタンカーメンとゲームをしたり、ダヴィンチの「モナリザ」と街に出かけたり、マネの「笛を吹く少年」と演奏をしたり…。
世界の美術品から楽しい想像を広げたファンタジー。名画や彫刻への関心も深まるお話です。

ベストレビュー

これ楽しい!

3年生の次女も、6年生の長女も、口を揃えて「これ楽しい!」と言っています。
ボンとハレトモが、美術館へ行きます。絵の前で呪文を唱えると、なんと絵の中に入り込んでしまって。。。
細かい絵の中に、いろんなシーンがちりばめられています。一つ一つ見ていくのは、とても楽しい作業でした。
無事、元の世界に戻れた二人ですが、あれ?絵が変わってる?モナリザが日本髪を結っているのは笑えました。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子12歳、女の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

ボンとハレトモのぼうけん しゅばばばばばばびじゅつかん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット