となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
どうようえほん 2 改訂新版
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうようえほん 2 改訂新版

  • 絵本

出版社: ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「あめふり」「おおきなくりのきのしたで」「こぶたぬききつねのこ」「もりのくまさん」など全部で21曲を紹介しています。コードと楽譜付。
全国学校図書館協議会選定

ベストレビュー

心の財産

娘が生まれて以来、娘の周りにはいつも歌があるようにと、日常生活のいろんな場面で、歌を口ずさんでいましたが、思えばこうして本を開きながら歌ったのは、この絵本に出会うまで1度もなかったことに気づきました。娘も、歌が大好きな子に育ってくれて、普段から私と一緒に歌ったり、自分で作った歌を気持ちよさそうに歌ったりしていますが、この絵本を図書館で借りてきた日から、2,3度いっしょに絵を見ながら歌っただけで、急にいろんな歌詞も正確に覚え、歌える歌がぐんと増えたことに驚きました。そして、「歌(音楽)は、歌うもの、聴くもの」と思っていましたが、絵と言葉が結びつくことで、こんなにもイメージが広がるものなんだ、ということがわかり、改めて絵本の力を知るよい経験になりました。娘が得意な歌は、「ことりのうた」「おはなしゆびさん」「うみ」。私が好きなのは、母がよく歌ってくれた「はるよこい」です。母のことを思いながら、私も娘に「心の財産」を1つでも多く残してあげたいなと願っています。
(ガーリャさん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

どうようえほん 2 改訂新版

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット