ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
きつねの子(3) ぼくだけしってる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きつねの子(3) ぼくだけしってる

  • 児童書
作: もりやま みやこ
絵: つちだ よしはる
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1987年01月
ISBN: 9784251007117

5歳から
A5判 77ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

くまの子は船に、うさぎの子はバスに乗ったことがありますが、きつねの子はどちらも知りません。だけど…。

ベストレビュー

自分は自分 がんばれ

息子もですが、特に私が大好きな「きつねのこ」シリーズ第三作目。

いつも、純粋でひたむきなきつねのこにただただ愛くるしさを覚えるのですが、今回はちょっときつねのこの感情が違うのです。

いつもは仲良く遊んでいる仲間のくまのことうさぎのこ。しかし、


今回はくまのこは、ふねをみました。
うさぎのこは、バスにのりました。
きつねのこは、どちらもしりません。
と、きつねのこは自分だけ知らないということに悲しみます。

もうすぐ5歳になる息子も、最近は競争心が芽生え、お友達より僕のほうが早く走れる、あのこの方が背が高い、僕は百まで数えられる、、、と比べあい、自分が負けると落ち込むことも。

この本はまさに等身大。

この本の素敵なところ、

「ぼくは、ぼく。きつねこんすけ。」と涙しながらも頑張るこんすけ。

最後はきれいな虹を見て、
「ぼくだけ、しってる(にじがうまれるところ」と新しく自分が知っていることを発見、自分だけで眺めているだけではなく、
「そうだ、くまくんたちにも みせてあげなくちゃ」
とやさしいきつねのこで終わるところです。

涙しても自分で立ち直り、そして最後はお友達に教えてあげる、
実際なかなか難しいことですよね。
(リリィティナさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


もりやま みやこさんのその他の作品

あした あさって しあさって / またおいで / いいことがありました / もりやまみやこ童話選(全5巻) / もりやまみやこ童話選 1  / もりやまみやこ童話選 2

つちだ よしはるさんのその他の作品

はなびらがとんできた / はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ / だあれ?だあれ? / だっこだっこ / げんききゅうしょくいただきます! / おじいちゃんとケーキをつくろう



シリーズ6作目は野菜畑でばけくらべ!上手に化けられるかな?

きつねの子(3) ぼくだけしってる

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット