しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
自然あそび フィールドブック
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

自然あそび フィールドブック

  • 絵本
作: ケイ・マグワイア
絵: ダニエル・クロル
訳: さいとう みわ
出版社: アノニマ・スタジオ アノニマ・スタジオの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2016年09月30日
ISBN: 9784877587543

みどころ

2016年度、街のえほん大賞、ようちえん絵本大賞を受賞した『自然のとびら』。
この美しい絵本を描いたケイ・マグワイアとダニエル・クロルのコンビの、またまた素敵な作品が出版されました!
本書は“自然あそび”で一冊まるごと楽しめる作りになっています。

「ぬりえ」「さがす」「しらべる」「つくる」「あつめる」というテーマで、それぞれ身近な自然に興味がもてるしかけがいっぱい。
葉っぱをさがして、発見したら丸をつけて、さらに自分が見つけた葉っぱを描いてみる。
葉っぱのこすりだしをしたら、作品を貼りこんでみる。
葉っぱひとつとっても、遊び方がたくさん!
春夏秋冬の発見をぎゅっと詰め込んで、自分だけの一冊が作れます。

子どもと自然を楽しみたいけれどどうやって楽しめばいいかわからない、という大人にはばっちり頼りになる一冊です。
そんなのなくても平気、という方にも、手にとってみれば発見があることはまちがいなし。

個人的には「松ぼっくりのおやつボール」にドキドキしちゃいました!
食べ物がなくなる冬、種やドライフルーツなどの材料をフライパンでまぜてかためて、木につるしたら、鳥たちが喜んでやってくるかも……ですって。
リンゴの種、かたくなったパンもとっておかなくちゃ。
きれいな水も忘れずに。
どうです? みなさんも、やってみたくなったでしょう?

ちょっとした工夫がすてきな自然遊びにつながります。
カバー折り返しにはものさしの目盛りがついていて、「宝物を見つけたら大きさをはかってみましょう」と書いてあります。
自然とつながる小さな冒険家になるためにぜひおすすめしたい一冊。
都会に住んでいても、どこに住んでいても、子どもたちはそうなれる素質があります!
楽しみにあふれた世界を、この本をつうじてのぞいてみてくださいね。
将来ふりかえったときに、子ども時代の宝物になるかもしれませんよ。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

自然あそび フィールドブック

出版社からの紹介

自然のなかへ、本といっしょにでかけよう! 小さな冒険家のための「あそび方」ガイド。
一歩外へ踏み出したときから、自然の世界は広がっています。絵本『自然のとびら』の作家たちが、「ぬりえ」、「さがす」、「つくる」、「あつめる」など、季節によりそう遊び方を紹介します。あちこちに用意されている書き込みスペースに思い出を記録していけば、世界にひとつだけの本のできあがり! 驚きと発見に満ちた美しい自然の世界を、のぞいてみませんか?

ベストレビュー

氷のモビールが素敵だな!!

四季によっていろいろと自然と楽しい遊びが出来る本です。
私はその中でも冬のページにくぎ付けでした。

まつぼっくりのおやつボール。鳥が食べに来るように作るんですね。
庭にこんな仕掛けを作ってあげたら素敵だなーと思ってワクワクしました。

ページをめくると更に素敵なページにまたくぎ付けに冬の氷は幼稚園でも子どもたちがとても冷え込んだときにバケツに氷を作ったり、絵の具をたらして、綺麗な色の氷を作ったりと遊んだことがあるのですが、これはプラスチックの容器の中に冬の素敵な宝物(例えば小枝とか木の実とか)を入れて、一本紐を入れて凍らせるのだそうです。それを木にぶらさげていると、キラキラ溶けながら落ちていく様子がきれいだと書いてあって・・
是非やってみたいと思いました。

木の枝にぶら下げてたら天然のモビールみたいになりそう!

冬は草木や花も少ないからこそ、ひいらぎの赤い実など石や木の芽など素敵な宝物を発見できるかもしれません。

季節によって、こんな楽しい遊び方があるんだととても感動しました。

幼稚園や保育園でこんなことやると子どもも喜ぶだろうなと思いました。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ケイ・マグワイアさんのその他の作品

自然のとびら



4つのコースをつなげて長〜い線路に!汽車が走るしかけ絵本

自然あそび フィールドブック

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット