語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちご 語りかけ絵本 いちごの試し読みができます!
文・絵: こが ようこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
絵本での語りかけの様子がわかる動画も見られます!
【フェア開催中!】入園、入学、進級のお祝いにオススメのグッズ、セットを集めました♪
おおどろぼうヌスート
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おおどろぼうヌスート

  • 絵本
作: 高畠 じゅん子
絵: 高畠 純
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おおどろぼうヌスート」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年08月27日
ISBN: 9784593563180

240×210mm・32ページ

出版社からの紹介

ある日、大どろぼうのヌスートに、王さまから手紙が届きました。「なんでもぬすめるというのなら、わしのおたからをぬすんでみよ。しょうぶだ!」そこで、ヌスートが考えたこととは? 王さまと泥棒の知恵くらべ!

ベストレビュー

王さまからの 挑戦状

 王さまが、おおどろぼうのヌスートに勝負を挑みます。「わしのお宝を盗んでみよ。」と・・・。

 ヌスートは勝負を受けて立ち、盗むものを絵に描いて、わざわざ王さまに知らせるのです。ところが、その絵はまるで暗号のよう。いったい何を表しているのかな。あれかな?これかな?それとも・・・?あーあ、王さまはやっぱり、大事なお宝を盗まれてしまいました!

 悔しい王さまは、ヌスートに絵をおくります。「今度はわしが、おまえの家に、これを盗みにいく」と。さて、その絵もまた暗号のようで、何がなんだかわかりません。でも、お話はここで終わり。

 その絵が何かは、読者が謎を解かなければなりません。答えは載っていません。ちょっと難しいですよ(笑) 私は答えを見つけるまでモヤモヤしました。でも、子どもたちは この謎を簡単に解いてしまうんだろうなぁ。ぜひ、お子さんと一緒に読んでみてください。

(なみ@えほんさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高畠 じゅん子さんのその他の作品

まじょがかぜをひいたらね / ブービーとすべりだい / よいこは もう ねるじかん

高畠 純さんのその他の作品

ノボルくんとフラミンゴのつえ / モンスター・ホテルでそっくりさん / アリス館のよみきかせ大型絵本 どうぶつしんちょうそくてい / イソップ物語 / かばのさら・ばらのかさ / なぞなぞはじまるよ



『いっさいはん』minchiさんインタビュー

おおどろぼうヌスート

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット